米国ウィークリー2016/1/19号

中国動向、原油価格の見通しと銘柄ピックアップ中国動向、原油価格の見通しと銘柄ピックアップ

bg_china new 1
  • 中国懸念と原油価格下落が投資家のリスク回避姿勢を強め、世界の株式相場を大きく押し下げている。1/15、上海総合指数は2,900.97と昨夏の株価急落局面でつけた2,927.288(2015/8/26)を下回り、終値ベースで再び節目の3,000台を割り込んだ。上海総合指数は年初来では18.0%、2015/12/23の直近高値3,684.567からは21.3%もの下落となった。

    人民元相場変動を巡る先行き不透明感や上海の一部銀行が小型株を融資の担保として受け入れることを停止したとの報道が相場を押し下げた。中国証券当局が実施した株価下支え策の効果は吹き飛ばされた格好である。中国株式市場の主体である個人投資家が、当局の施策を懐疑的に捉えている側面もあろう。ただ、軟調な推移が続いた人民元の対ドル基準値は足元で下げ止まりの兆しが見られ、投資家の売り一巡の契機となる可能性もあろう。
  • WTI原油先物価格は1/15、2003年以来となる30ドル/バレル割れとなった。ただ、サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は1/17、時間を要するものの「世界の石油市場の安定回復、原油相場の改善、主要産油国間の協力に楽観的だ」とコメント。また、2015/9/11のレポートで原油価格が20ドル/バレルまで下落すると予想してきたゴールドマン・サックス(GSは、最新のレポートで原油は世界的に供給の過剰から不足に転じ価格は年内に反発し、強気相場入りを果たすと予想。原油価格の値下がりにより世界的な供給過剰を是正するため生産停止に追い込まれ、米国のシェールオイル・ブームは今年7-12月に後退すると指摘。市場見通しでは経済制裁解除で原油を100万バレル/日まで増産すると見込まれるイランだが、増産量は半分程度になるとの見方も浮上。投機筋による買い戻しが進めば、原油価格は反転する可能性がある。

    中国懸念が緩和し原油安に歯止めがかかるシナリオも浮上し、昨年来レンジの下限を下回るNYダウやS&P500の予想PERが改めて見直される可能性もある。当面は業績動向と投資指標から割安感のある銘柄に注目したい。2015年10-12月期決算で良好な業績動向が確認された銘柄や見通しが明るい業界、景気動向に左右されにくい企業などをピックアップしたい。(庵原)

 

 

 


S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(1/15現在)


主要企業の決算発表予定

19日(火):ネットフリックスバンク・オブ・アメリカモルガン・スタンレー
20日(水):ゴールドマン・サックス
21日(木):スターバックス、シュルンベルジェ、ベライゾン・コミュニケーションズ
22日(金):ゼネラル・エレクトリック
25日(月):マクドナルド

主要イベントの予定
19日(火):
・1月のNAHB住宅市場指数
IMF世界経済見通し(改訂版)
20日(水):
2015/12の住宅着工指数建設許可指数
2015/12CPI(消費者物価指数)
世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議、1/23まで)
21日(木):
新規失業保険申請件数(1/15終了週)
ECB理事会
22日(金):
1月の製造業PMI(速報値)
2015/12の中古住宅販売件数
2015/12の景気先行指標総合指数
25日(月):
・シリア平和協議再開の見込
(Bloombergをもとにフィリップ証券作成)


【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員庵原浩樹
フィリップ証券リサーチ部アナリスト袁鳴
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • マーケット注文(ロット優先)

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。
     

  • レバレッジ入門

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。

  • IG証券の金CFD取引

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。