IBM(IBM)、買収したRed Hatのオープンソース技術で世界中のクラウドと互換性を持ち、同社ソフトウェアの普及加速へ

ニューヨーク | ITサービス | 業績フォロー

Source: Bloomberg

  • 2019/12期2Q(4-6月)は売上高が前年同期比4.2%減だったが、純利益が同3.9%増、Non-GAAPの調整後EPSが同2.9%増と減収増益。
  • セグメント別では、伝統的なハードウェア寄りの事業は伸び悩んだものの「Watson」のAIやクラウドサービス、コンサルティングなどの利益率が高い分野を手掛ける事業が伸びて利益面で貢献した。
  • オープンソース技術で世界をリードするRed Hatを約340億USDで買収。世界最大の「ハイブリッド・クラウド」提供者となり、同社の豊富なソフトウェア群の普及を図る戦略による企業変身に期待。

What is the news?

7/17発表の2019/12期2Q(4-6月)は、売上高が前年同期比4.2%減の191.61億USDと減収だったが、純利益が同3.9%増の24.98億USD、Non-GAAPの調整後EPSが同2.9%増の3.17USDと増益となった。Global Technology services事業やSystems事業など伝統的なハードウェア寄りのIT事業は伸び悩んだものの、「Watson」のAIやクラウドサービス、コンサルティングなど利益率が高い分野を手掛けるCloud & Cognitive Software事業やGlobal Business Services事業が伸びたことが利益面で寄与した。売上総利益率も同1.00%ポイント上昇の77.3%となった。

セグメント別の売上高は、Cloud & Cognitive Software事業が同3.2%増の56.45億USD、Global Business Services事業が同0.5%増の41.55億USD、Global Technology Services事業が同6.7%減の68.37億USD、Systems事業が同19.5%減の17.53億USD、Global Financing事業が同10.9%減の3.51億USD。特にCloud & Cognitive Software事業は、クラウド・データプラットフォームが同5%増、コグニティブ・アプリケーションが同3%増、トランザクション処理プラットフォームが同2%増と、AI活用クラウド・プラットフォーム関連が順調に拡大していることを示した。

How do we view this?

同社は8/1にRed Hat買収(約340億USD)に係る投資家向け説明会を開催した。Red HatはLinuxなどのオープンソース技術で世界をリードしているクラウド・ソフトウェアプロバイダーであることから、IBM Cloud、AWS、Microsoft Azure、Google Cloud、およびAlibabaなどの世界の主要クラウドと連携している。同社の戦略は世界のあらゆるクラウドと互換性を持つ世界最大の「ハイブリッド・クラウド」提供者になることであり、あらゆるクラウド上で同社の豊富なソフトウェア群のアプリケーションを実行可能とするものである。会社計画では、12ヶ月以内に収益増、売上総利益、およびフリーキャッシュフローの増加加速を見込んでおり、増配も見込めよう。2019/12通期の市場予想は、売上高が前期比2.3%減の777.86億USD、当期利益が同18.6%増の103.55億USDである。

配当予想(USD)6.46(予想はBloomberg)
終値(USD) 134.10 2019/9/3

会社概要
1911年設立。コンピューター・ソリューションに係る統合テクノロジー企業として世界各地で事業を展開。事業セグメントは、「Cloud&Cognitive Software」、「GlobalBusiness Services」、「Global Technology Services」、「Systems」、「Global Financing」などから構成される。 Cloud&Cognitive Software事業は、人工知能である「Watson」のブランド名で、分析およびデータ管理プラットフォーム、クラウドデータサービスなどの企業向け人工知能プラットフォームのソフトウェア・ポートフォリオを提供するほか、銀行、航空会社、小売業界などのトランザクション処理ソフトウェアも手掛ける。Global BusinessServices 事業は、ビジネスコンサルティングのほか、財務・購買・人材開発など業界ごとのBPOサービスを提供する。Global Technology Services事業は、企業向けITインフラ環境に係るサービスのほか、ソフトウェア・ソリューションを手掛ける。Systems事業は、企業・クラウドサービスプロバイダー・科学研究組織向けサーバーなどを提供する。Global Financing 事業は、金融機関、航空会社、メーカーおよび小売企業向けに多様な金融サービスを手掛ける。

企業データ(2019/9/4)
ベータ値 1.05
時価総額(百万USD) 118,796
企業価値=EV(百万USD) 144,693
3ヵ月平均売買代金(百万USD) 517.1

主要株主(2019/9) (%)
1.VANGUARD GROUP 8.11
2.ブラックロック 6.83
3.ステート・ストリート 6.06
(出所:Bloombergをもとにフィリップ証券作成)

【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:フィリップ証券 リサーチ部
公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員 国際公認投資アナリスト 笹木和弘
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員補 増渕透吾
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IG証券の株式CFD

  • 世界12,000銘柄以上の株式トレードをCFDで提供
  • 日本、アメリカ、ヨーロッパを含む世界の株式を1株からリーズナブルにお取引
  • 世界の有名企業の株が取引可能

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。