アステラス株が続伸、ノーベル生理学・医学賞に細胞の低酸素応答

・アステラス、腎性貧血治療薬を開発
・連日のノーベル賞思惑買い

Source: Bloomberg

8日の東京株式市場でアステラス製薬<4503>が続伸した。2019年のノーベル生理学・医学賞に、細胞の低酸素応答を解明した米英の研究者3人が選ばれるなか、研究者らの知見に基づき治療薬を開発したアステラスなど一部の製薬株に買いが入った。

日本時間7日夜に発表となった生理学・医学賞は「細胞の低酸素応答の仕組みの解明」に携わった米ハーバード大学のウィリアム・ケーリン教授、英オックスフォード大学のピーター・ラトクリフ教授、米ジョンズ・ホプキンス大学のグレッグ・セメンザ教授が受賞した。

低酸素状態になった細胞に酸素不足を知らせるたんぱく質である「低酸素誘導因子(HIF)」が存在することを1990年代にセメンザ氏が発見。2001年にケーリン、ラトクリフ両氏が、酸素が十分にある状態では一部が分解されるHIFが、低酸素状態になると分解されないことを分子レベルで解明した。HIFは酸素を運ぶ赤血球の増加を促進し、貧血などを防ぐ。

アステラスは、低酸素状態におかれた時に起こる生理学的反応を誘導することで赤血球の産生を増加させ、赤血球を増やすホルモンをうまく作れない人工透析患者の腎性貧血を改善する治療薬「エベレンゾ」(一般名・ロキサデュスタット)を開発。9月20日に製造・販売の承認を受けた。

アステラスの終値は前日比30円(1.99%)高の1535.5円。

アステラスは7日もノーベル賞関連の思惑買いで上昇している。生理学・医学賞の有力候補の1人とされていた京都大学の森和俊教授が専門とする「小胞体ストレス応答(UPR)」に関連する治療薬をアステラスは米国企業と研究開発している。

また、腎性貧血患者を対象とした治療薬を製造する日本たばこ産業(JT)の子会社鳥居薬品<4551>も高い。終値は18円(0.64%)高の2820円。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IG証券の株式CFD

  • 世界12,000銘柄以上の株式トレードをCFDで提供
  • 日本、アメリカ、ヨーロッパを含む世界の株式を1株からリーズナブルにお取引
  • 世界の有名企業の株が取引可能

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。