外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

ダウの犬投資法とは? 戦略と始め方3ステップを解説

有名な株式投資戦略の一つである「ダウの犬投資法」について解説します。日本株への応用方法もみていきましょう。

ダウの犬投資法とは

ダウの犬投資法とは、米国を代表する株価指数の一つであるNYダウ(「ダウ・ジョーンズ工業株平均株価」「ダウ工業株30種平均」)の中から高額利回りの銘柄に投資を行うことで、高いリターンを得ることを目指す投資戦略です。

ダウの犬とは

ダウの犬とは、英語では「Dogs of the Dow」といいます。Dogs(犬)は、この場合「株価が安いこと」を意味しています。配当利回りが高い銘柄は、投資家からの人気が低いために株価が安くなっている(バリュー株である)傾向がある、ということです。

「配当利回りが高い銘柄」をただ選ぶだけでは、株価が上がると見越して買ったのに下がってしまう可能性があります。また、業績が悪化してしまい、価格が上がるどころか配当がなくなってしまうというケースもあるでしょう。

しかし、NYダウを構成する30銘柄はどれも米国を代表する優良企業です。ダウの犬投資法ではこの30銘柄の中から選ぶため、投資先企業の倒産リスクなどが極めて低いというメリットがあります。

ダウの犬投資法は、1991年に発表された米国のファンドマネジャー、マイケル・オヒギンズ氏の著書『ビーティング・ザ・ダウ(原題)』で有名になりました。

ダウの犬投資法の進め方

1. NYダウから高配当銘柄を選ぶ

NYダウの構成銘柄(全30銘柄)を、配当利回りの高い順から上位の10銘柄をリストアップします。新年を迎える直前の12月31日時点の値を使うことが一般的です。

NYダウの詳細やNYダウの採用銘柄リストについてはこちら

2.資金を上位銘柄に均等に投資する

上位10銘柄それぞれに、均等に投資を行います。配当金は再投資します。

3.1年後に見直す

1年後に再度NYダウの構成銘柄から配当利回りの高い銘柄をスクリーニングし、上位10銘柄から外れたものは売却。上位10銘柄に入ったものを新たに購入します。

ダウの犬投資法を日本株の投資に応用できるか

「株価指数の構成銘柄の中から配当利回りの高い銘柄10社に投資する」という戦略を、日本株の投資に応用するとどうなるでしょうか。日本を代表する株価指数といえば「日経平均株価」ですが、日経平均株価は構成銘柄数が225もあるため、NYダウのように厳選された銘柄であるという利点が生かしにくいといえます。そのため、ダウの犬投資法をそのまま当てはめて年1回見直しをするだけ、という手法を取ることには注意が必要です。

日本には、銘柄数がNYダウと同じ30である「TOPIX Core30」という指数があります。NYダウと比べると規模感や成長度合いに劣ってしまいますが、構成銘柄の中から配当利回りの高い銘柄をスクリーニングし、投資する銘柄を選ぶという戦略を応用することはできるはずです。

ダウの犬投資法 まとめ

ダウの犬投資法とは、NYダウの構成銘柄を配当利回りの高いほうから10銘柄をピックアップし、それぞれに等しく投資を行います。1年後に再度配当利回りの高い10銘柄をスクリーニングして、外れた銘柄を売却し、新たに入った銘柄を購入します。このように、1年ごとに見直しを繰り返す投資方法です。

ダウの犬投資法を含め、すべてのケースに完璧に得てはめられる投資戦略というものは残念ながらありません。必ずご自身でプランを作成してから投資を始めるようにしてください。

また、NYダウをはじめとする株価指数を取引することも可能です。IG証券では、株式CFD株価指数CFDも、同じ取引プラットフォームで取引いただけます。口座開設のお申し込みは無料、ネットで3分で完了します。

作成日 : 2021-08-04T09:22:32+0100


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

バイデン政権で変わる
経済・金融政策

米関連銘柄のトレード機会に注目
ダウ平均、S&P500、米国株の投資はノックアウト&CFDで。

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。