商品

商品市場を
牽引するものとは

商品市場、特に先物取引は、価格においてある程度の安定性確保につながります。先物取引は、サプライヤーが将来日の製品受渡し価格を確定できるため、バイヤーにとっても価格が固定されます。

商品価格は市場で値付けされます。そのため、しばしば各商品の先物価格つまり商品が特定日時で取引される固定価格になる場合があります。下記は価格を左右する主要要因の一部です:

 

需要と供給

石油を例に挙げてみましょう。石油の供給量が以前より上がったのに需要量が同じ場合、1バレルの石油価格は下がります。以前より多くの人が石油を使用するのに生産者側に需要を満たすだけの生産量がない場合、1バレルの石油価格は上がります。

経済的および政治的要因

商品は通常先物価格で取引されますが、現在起きている経済的な事象が価格水準に影響します。例えば、中東の情勢不安によりしばしば供給側が不安定な状況になるため、石油の先物価格変動の原因になります。

天候

小麦やコーヒーなど農産物は、収穫を左右する天候に大きく影響されます。収穫量が少ない場合、供給量の低下につながり、結果として価格が上昇します。

米ドル

商品は通常米ドルで値付けされ、原則その通貨に反比例して変動します。米ドルの価格上昇は反インフレであるため、商品価格に下降圧力がかかります。同様に、米ドル価格の上昇時は、一般的に商品価格に上昇圧力がかかります。

 

インフレと商品価格

商品はインフレに対する自然的ヘッジとして利用できます。急速なインフレ起こりそうな場合、商品価格は急激に上昇するでしょう。むしろ、それがインフレの初期兆候になっている場合もあります。これは、人々が資産を守るため、インフレに対するヘッジ投資から商品市場への投資にお金を動かすためです。

商品取引

様々な方法で商品に投資できます。

 

直物市場

直物あるいは現物市場で商品を購入することは、商品生産者にお金を支払い、商品の物理的受渡しを即座に行うことを意味します。直物価格は、現在の市場価格が反映されています。大量の取引および世界的規模の取引が行われるため、一定基準を設けて独自で承認しており、これによりトレーダーは目視検査せずに取引することができます。

先物取引

先物取引では、その日の約定値段で、将来の指定した日に定量の商品を取引することに同意します。価格は、キャリーコストなど既知の価格変動を考慮した「フォワード価格」となります。

先物商品は先物取引所を介して取引されます。どの取引も、その日の約定値段で、指定した将来日に定量の商品を二者間取引することに同意します。実際に、「今買って、後から支払い・受け取る」('buy now, pay and collect later')の原則に従っています。

供給側の視点では、商品を先物取引することにより消費者に商品を渡す前に商品価格を確定することができます。これにより、消費者にとっても価格が固定されることとなり、市場における価格安定維持につながります。

 

受渡日

商品は現物であるため、(少なくとも理論上は)最終的に使用を目的として受渡しされる必要があります。そのため、商品先物取引は年に2回以上の受渡日を設ける傾向があります。ただし、ほとんどのトレーダーは受渡日に先立って商品を手仕舞いします。

例えば、トウモロコシの受渡日は毎年3月、5月、7月、9月、12月です。

先物取引を行う投資家は投機家であることが多いため、取引終了時に商品の物理的受渡しを行うことはあまりありません。それよりも、商品の受渡期日までに他のバイヤーに売却する可能性の方が高いと言えます。

商品価格指数

商品価格指数は商品価格の加重平均であり、包括的あるいはより特定的資産に基づいて分類されます。組入商品の価格は、指数によって直物にも先物にもなります。下記は商品指数例の一部です:

継続商品指数(CCI)は、17種類の商品先物で構成される価格指数であり、各商品に対し5.88%の等比率を維持するため継続してリバランスされます。継続商品指数は、投資の際の商品に関する変動のベンチマークとなります。

 

S&P GSCI(旧ゴールドマン・サックス商品指数)は商品市場への投資に関するベンチマークであり、組入れは全商品セクターから選定されます。S&P GSCIは、シカゴ・マーカンタイル取引所で取引する投資家が使用する価格指数です。

メリルリンチ商品指数(MLCX)には、流動性により選ばれ、その後世界経済における各商品の重要性に従って重み付けされた商品が含まれています。

指数の目的やデリバティブによる取引方法などについては、指数の目的やデリバティブによる取引方法などについては、指数の項をご覧ください。

一般的に、商品価格指数は以下のグループに分けられます: エネルギー、金属(非鉄金属、貴金属)、農産物(穀物、ソフト、家畜)。