検索
40年以上の歴史
世界約185,000名の顧客
15,000以上のCFD銘柄を提供

商品

商品が取引
されている場所

商品は、特定市場を専門とした数々の統制された先物取引所で取引されています。例えばこのような取引所があります:

 

LIFFE

その他金融商品に加え、商品取引所としてもヨーロッパで最大級の取引所

専門分野:農作物

取り扱い商品:ココア、小麦、コーヒー、砂糖、とうもろこし

 

ロンドン金属取引所

世界有数の非鉄金属マーケット

専門分野:鉄を含むない金属

取り扱い商品:アルミニウム、銅、錫、ニッケル、亜鉛、鉛、アルミニウム合金、コバルト

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)

世界最大の実物商品先物取引所で、CMEグループにより運営

専門分野:エネルギー商品と金属

取り扱い商品:原油、天然ガス、灯油、RBOB無鉛ガソリン、金、銀、銅、プラチナ、パラジウム

ICEフューチャーズUS(ICE)

世界のソフト商品先物・オプションの主要取引所

専門分野:ソフト商品

取り扱い商品:砂糖、綿、ココア、コーヒー、オレンジジュース

シカゴ商品取引所(CBOT)

世界最古の先物・オプション取引所で、CMEグループにより運営

専門分野:穀物

取り扱い商品:トウモロコシ、大豆、大豆油、大豆ミール、小麦、オート麦、もみ米

 

取引サイズ

商品先物はロット数で取引されます。各商品には、それぞれの先物取引所により定められた標準の取引サイズがあります。

金を例に挙げてみましょう。金の先物取引サイズは100トロイオンスです。従って、1ロットの金を購入した場合、エクスポージャーは金100トロイオンス分となります。金の価格が1トロイオンスにつき1米ドル上がった場合、その金の価格は100米ドル分上がることになります(1米ドル × 100トロイオンス)。

標準取引サイズは商品ごとに異なることが多いため、取引を行う際には確認する必要があります。標準サイズを補完するミニ取引もご提供しています。


証拠金

レバレッジ商品は、商品を買い取引した場合でも、ポジションの総取引額を入金する必要はありません。その代わり、各商品には1ロットにつき証拠金額が設定されています。

詳しくはレバレッジモジュールをご覧ください。

順鞘と逆鞘

順鞘と逆鞘は、翌数か月の特定商品に関する先物価格曲線の形状を説明する用語です。先物価格の曲線は、取引期間に従って先物取引の価格を表します。

順鞘は、先物価格が現在の直物価格より高くなることから、曲線が期近に向かって右上がりなります。取引終了日に近づくにつれて、直物価格と先物価格の差が縮まるため、曲線は直物価格に戻って収束していきます。

逆鞘は、先物価格が現在の直物価格より低くなることから、曲線が右下がりになります。取引終了日に近づくにつれて、直物価格と先物価格の差が縮まるため、曲線は下からの直物価格に戻って収束していきます。

通常のマーケット条件では、商品先物の取引は順鞘になります。これはフォワード価格にはポジション保有の手数料が含まれているからで、理論上は期間が長くなるほど価格は高くなります。一方で、一部の商品については、曲線が順鞘になるか逆鞘になるかは、地政学的要因がより重要になることがあります。

先物価格曲線の形状は、現時点とこの先数か月の市場におけるその商品の状態を印象付けるため、商品取引を行うヘッジャーおよび投資家にとって重要です。例えば、逆鞘状態の場合、供給不足により現時点の価格の引き上げ、あるいは今後数か月内の供給量増加見込みにより先物価格の引き下げを意味することがあります。

具体例を挙げると、原油の先物市場が順鞘の場合、現在の供給量が十分であることを表します。反対に、価格が逆鞘の場合、現在不足している可能性があります。戦争など、石油のグローバルな安定した循環を脅かす経済事象が起きた場合、市場は逆鞘になる傾向があります。

順鞘と逆鞘は、先物の市場情勢と同様に現在の市場情勢を反映できる原油マーケットで最も頻繁に使用されます。