外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

グロース(成長)株とは?グロース投資のメリットとデメリット

株価が何倍にも上昇することもある「グロース株」は投資家の間で人気があります。ここでは、グロース株とは何か、またグロース株に投資するメリットやデメリットについて解説します。

グロース株とは?

グロース株とは、業績や株価が市場平均よりも高いと評価される銘柄のことです。業界を破壊する勢いのある小型株や、独自のセールスポイントで注目されている新興企業の株式などがグロース株に該当することが多くあります。グロース株は「成長株」とも呼ばれます。

グロース株への投資

グロース株への投資はグロース投資と呼ばれることもあります。グロース投資は、今後大きく成長し続けるだろうと予想される銘柄を選んで投資をするスタイルです。

また、上述のような銘柄を組み込んで運用している投資信託やETF(上場投資信託)は、一般に「グロースファンド」と呼ばれています。

ETFの仕組みについて、詳しくはこちらをご覧ください。

グロース株の特徴

グロース株は今後の成長が見込まれることから、投資家の間でも人気があります。そのため、株価が高くなる傾向にあります。

また、グロース株は新規参入企業など急成長中の企業であることが多く、配当金を出すよりは設備や事業に投資するという企業が多いようです。配当金狙いの場合は別の選択肢を考えたほうが良いでしょう。

グロース投資とバリュー投資の違い

グロース投資に対して、バリュー投資という手法があります。バリュー投資とは、企業の価値に対して市場での評価が低く、株価が割安である「バリュー株(割安株)」に投資をすることです。どちらも値上がりを期待した投資ですが、それぞれの特徴は異なります。投資銘柄を決める際には、ご自身の投資目的や予算など、戦略を精査することを忘れないようにしましょう。

グロース投資のメリット

次に、グロース投資のメリットについて見ていきましょう。

1. 株価が大きく上昇する可能性が高い

グロース株に投資する大きなメリットの一つとして、長期的な上昇トレンドに入ると、株価が大きく上昇する可能性が高いことが挙げられます。グロース株をうまく見つけることができれば、大きなキャピタルゲインにつながるチャンスになります。

2. 長期投資に使える

グロース株が成長トレンドを継続している間は、ロング(買い)ポジションを保有している場合、株価が上がるほど利益額も増えます。小刻みに取引を繰り返さなくてもよいため、長期投資の選択肢に入れるのもよいでしょう。

3. 短期投資にも使える

グロース株は長期投資だけなく、短期投資においても使うことができます。例えば企業にとって今後の成長を約束されるような状況や発表があった場合、決算内容が良かった場合など、株価が短期間で大きく上昇する可能性があります。タイミングを見極めれば、グロース株は短期投資にも活用できる選択肢となってきます。

グロース投資のデメリット

グロース投資のデメリットについても見ていきましょう。

1. 配当金がないケースが多い

先述したように、グロース株とみなされる銘柄の企業は急成長の途中にあるため、利益を配当金として還元するよりも、事業への投資に回す場合が多くあります。配当金を目当てにする場合は、グロース株ではなくほかの銘柄を選択するのがよいでしょう。

2. 株価が割高である

グロース株は、今後の成長を織り込んだ価格になっていることが多く、割高であることがあります。今後も成長トレンドが続くかどうか、業界の動向はどうか、またご自身の予算やリスク許容度はどうかなどをよく検討したうえで、銘柄を選ぶようにしましょう。

3. 株価が急変動する可能性がある

グロース株は、上昇トレンドにあるときはよいのですが、何らかの要因で事業が行き詰まったり、企業としての先行きが不透明になってしまったりすると、これに伴って株価が急落することもあります。急成長している銘柄には起こりがちなリスクであるといえます。ポジションを保有している場合は、こまめにニュースをチェックするなど、情報収集を怠らないようにしましょう。

グロース株の探し方

グロース株を探す時には、ROEや売上高成長率などの指標を分析し、その結果を参考にします。

  • ROE(株主資本利益率)

ROEとは「Return On Equity」を略したもので、「株主資本利益率」または「自己資本利益率」を表します。これは、自己資本に対してどれだけの利益が生み出されたかを示す、主に財務分析において使われる指標です。ROEを算出する式は次の通りです。

ROE (%) = 当期純利益 ÷ 自己資本 × 100

一般的には、ROEが10%を上回っている企業は、高い売上があり成長性もあると考えられています。

  • 売上高成長率

売上高成長率とは、企業の売上高の伸び率のことをいいます。売上高が伸びている企業は、当然ながら成長している企業であると考えることができます。売上高成長率を算出する式は次の通りです。

売上高成長率=(当期売上高-前期売上高)÷前期売上高

グロース株を探すうえでは、継続して成長しているかどうかを見極めることが大切です。売上高成長率は、単年だけでなく3~5年程度のスパンで見て判断するのが一般的です。高い成長率であることが分かった場合には、同業他社と比較することで、業界全体の流れなのか、その企業固有の成長なのかを見ることができます。

グロース株への投資 まとめ

グロース株とは、市場平均よりも価格が高く、成長している株のことをいいます。急成長しているため、キャピタルゲインを増加させる可能性がある一方、配当金を出さない場合が多いことや、価格が急変動する可能性といったデメリットも挙げられます。

グロース株は、ROEなどの指標を使って探すことができます。

IG証券では、成長を予測した「買い」取引はもちろん、下落を予測した「売り」からも取引を始めることが可能です。口座開設はネットから無料でお申し込みいただけます。

作成日 : 2021-06-02T03:21:40+0100


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

こんなに豊富?IG証券のCFD銘柄は17,000以上

外国為替、日本株・外国株、株価指数、債券先物、商品(エネルギー、農産物、貴金属)など多彩な資産クラスをFX取引、CFD、バイナリーオプション、ノックアウト・オプションで提供

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。