ATRインジケーターの計算方法や使い方を解説

ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)は、1978年に著名なテクニカルアナリストであるJ・ウェルズ・ワイルダー・ジュニアによって開発されたテクニカル指標です。 この記事ではATRとは何か?どのように使うのか?説明します。

ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)の概要

ATRは、特定の期間における価格の変動幅、いわゆるボラティリティを確認するときに使います。ATRの上昇は、価格のボラティリティが拡大していることを示します。逆にATRの低下は、価格のボラティリティが縮小していることを示します。

ATRは、売買のタイミングを見極める際に使うことがあります。例えば、1時間、1週間、1か月または1年といった一定期間の変動幅を測定し、ATRが変動幅の上限に到達する場合は売りを考えます。逆にATRが変動幅の下限に到達する場合は買いを考えます。

ATRの詳細

上で述べたように、価格の変動幅のことをマーケットの世界では“ボラティリティ”と表現します。そのボラティリティを測定する古典的な手法が、トゥルー・レンジ(真の値幅)の平均を計算することです。そしてATRは、トゥルー・レンジの値を平準化した移動平均の値のことです。移動平均は過去の価格をベースに計算されます。よって、ATRは過去の値動きに依存するテクニカル指標となります。

ATRは、商品市場の分析を目的に開発されました。しかし、現在では外国為替株式インデックス(株価指数)の分析にも使用されています。

ATRは、ローソク足チャートの下にラインチャートのかたちで表示されます。シンプルに表示されるため、過去のボラティリティの動向や現在の水準を簡単に比較できます。また、上でものべたように、一定期間のボラティリティの幅を測定して、売買のタイミングを見極める際にも役立ちます。

ATRの計算方法

ATRの計算方法について説明します。
まずは、以下の3つの公式を使ってそれぞれの値幅を計算します。

  • 当日の高値ー前日の終値
  • 当日の安値ー前日の終値
  • 当日の高値ー当日の安値

上の式で計算された値の中で、最も大きい値がトゥルー・レンジ(真の値幅)となります。

次に上の計算を繰り返して、特定の期間のトゥルー・レンジの移動平均値を計算します。
通常、ATRを日足で使う場合は14日間の移動平均値を使います。
また、1時間足や4時間足でATRを使う場合は、パラメータを2〜10に設定するのが一般的です。一方、週足や月足でATRを使う場合は、パラメータを20〜50にするのが一般的です。

具体例を見てみましょう。

下の表は、X社の株価とATRの一覧です。ATRのパラメータは14日間で設定されています。期間は10日間です。

データを取得した最初の日(8月1日)は前日の終値を考慮しないため、単純に当日の高値から当日の安値を引いた値を使います。
パラメータが14日間で設定されていることから、最初のATRが計算されるのは8月14日となります。

高値 安値 終値 トゥルー・レンジ(値幅) ATR
8月1日 46.78 46.34 46.43 0.44
8月2日 47.32 46.64 46.87 0.89
8月3日 47.45 46.43 46.76 1.02
8月4日 47.20 46.83 46.92 0.44
8月5日 47.86 47.20 47.23 0.94
8月6日 47.90 47.27 47.49 0.67
8月7日 48.23 47.34 47.34 0.89
8月8日 47.90 47.23 47.43 0.67
8月9日 47.56 46.34 46.83 1.22
8月10日 47.45 46.34 46.47 1.11
8月11日 47.67 46.43 46.56 1.24
8月12日 47.69 46.83 47.32 1.13
8月13日 48.67 47.20 47.53 1.47
8月14日 47.99 47.47 47.78 0.52 0.90
8月15日 48.32 47.47 47.63 0.85 0.90
8月16日 47.97 47.41 47.56 0.56 0.88
8月17日 47.98 47.21 47.33 0.77 0.87
8月18日 47.89 47.46 47.64 0.56 0.85
8月19日 48.34 47.55 47.87 0.79 0.84
8月20日 48.32 47.87 47.98 0.45 0.81
8月21日 48.39 47.56 47.84 0.83 0.82
8月22日 48.11 47.25 47.37 0.86 0.82
8月23日 48.02 47.67 47.79 0.65 0.81

ATRの動きをチェックすることで、ボラティリティが拡大傾向にあるのか?それとも縮小傾向にあるのか?を確認することができます。
上表のATRを確認すると、0.81から0.90のレンジ内で上下に推移していることがわかります。一定のレンジでATRが推移しているということは、この期間のX社株のボラティリティは落ち着いた状況にあることがわかります。安定的に株式の運用を考えている投資家にとってX社の株は魅力的でしょう。一方、リスクを選好するトレーダーにとっては、X社株よりもボラティリティの拡大している銘柄を選好するでしょう。

リスク管理の詳細についてはこちらをご覧ください

ATRを使った取引方法

ATRがレンジを形成している場合は、上限で売りのタイミングを考え、下限で買いのタイミングを考えます。
また、ATRが上昇基調にある(=ボラティリティが拡大傾向にある)場合、実際の株価は下落もしくは急落するケースが多く見られます。よって、ATRの上昇局面では空売りを仕掛けるトレーダーがいます。しかし、ATRが一転して低下する(=ボラティリティが拡大から縮小へ向かう)場合、実際の株価は急反発する可能性があります。このため空売りを仕掛ける時は、株価の変動に連動し一定の値幅で指値のレベルが推移する『トレーリングストップ』を利用することをおすすめします。こうすることで、下落トレンドで利益確定のチャンスを追求する一方、不意の反発による損失を限定することができます。売りポジションを保有した水準よりもトレーリングストップの水準が下回る場合は、利益を得ることができます。

IGグループでは、トレーリングストップ以外にも『ノースリッページ注文』を提供しています。これは、どんな状況でも100%指値のレートで決済できる注文方法です。わずかな保証料で利用ができます。

他のテクニカル指標と同じく、ATRも完璧にマーケットの動向を把握しているわけではありません。よって、他のテクニカル指標と併用することをおすすめします。例えば、ATRにボリンジャーバンドやケルトナーチャネルを併用して分析するトレーダーがいます。

IGグループが提供している取引プラットフォームでは、ATRが利用できます。また、上で述べたボリンジャーバンドやケルトナーチャネルも提供しています。ぜひご活用ください。

ATRのまとめ

  • ATRは一定の期間のボラティリティを平均した値である
  • ATRはローソク足の下にラインチャートで表示される
  • 国際商品市況だけでなく外国為替市場や株式市場の分析もできる
  • 一般的にパラメータは14日間を使う
  • チャートの時間軸を変える場合は、時間軸にあったパラメータを設定する
  • ATRは売買のタイミングを考えるときに使う
  • ATRを使う場合は、ボリンジャーバンドやケルトナーチャネルと併用する

作成日 : 2021-03-11T01:39:00+0000


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

こんなに豊富?IG証券のCFD銘柄は17,000以上

外国為替、日本株・外国株、株価指数、債券先物、商品(エネルギー、農産物、貴金属)など多彩な資産クラスをFX取引、CFD、バイナリーオプション、ノックアウト・オプションで提供

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。