テクニカル分析

初心者向け デイトレードの始め方

デイトレードはポピュラーなトレーディングスタイルです。ここでは、デイトレード初心者が知っておくべきことやコツ、戦略をいくつかご紹介します。

今月 最も注目すべきは米株の動向

米中対立が緩和に向かうという前提が崩れなければ、今月のドル円は堅調地合いを維持するでしょう。円相場も円安優勢で推移すると予想します。しかし、その前提が崩れる場合、まず米株が崩れるでしょう。そして米株の動きに連動し円高圧力が高まるでしょう。米株に注目する理由は?マーケットレポートをご参照ください。

相関関係の復活とテクニカルライン

ようやくドル円が動きてきました。注視すべきは、米債市場が膠着状態の中、109.30と109.50の各レジスタンスポイントを一気に突破した背景です。今日はこの点にフォーカスした内容です。注視すべきテクニカルラインも指摘しています。詳細はマーケットレポートをご参照ください。

欧州通貨と米債価格の動向について

欧州通貨は重要サポートポイントを維持する展開が続ています。その要因のひとつが米債市場での膠着状態です。しかし、米債価格は以外と根強い買いにサポートされています。この状況が続けば、欧州通貨は再び緩やかに上昇する可能性が高まります。米債価格の焦点は?マーケットレポートをご参照ください。

109.30とフィボナッチ・リトレースメントの攻防

相変わらず膠着状態のドル円ですが、再び109円台を視野に入れる展開となっています。109.30レベルを突破する場合、新たな動きが出始める可能性があります。一方、ユーロドルはテクニカルの攻防が焦点です。詳細はマーケットレポートをご参照ください。

ドル円とユーロドル 目先の焦点

ドル円は短期サポートラインを下方ブレイクしました。この状況は、ダウントレンド継続のシグナルとして警戒したいところです。一方、ユーロドルは1.10を挟んだ攻防が続いています。それぞれの焦点は?マーケットレポートをご参照ください。

ローソク足を使った取引について

ローソク足は4本値で構成されています。投資家はローソク足にテクニカル分析を加えて、今後のトレンドを予測します。ここではローソク足について説明します。

支持線と抵抗線について

支持線と抵抗線は、市場のトレンドを把握する上で重要な要素です。ここではこれらの線の見方や使い方について説明します。