ボラティリティ

IG Spread betting and CFD Trading

ATRインジケーターの計算方法や使い方を解説

ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)は、1978年に著名なテクニカルアナリストであるJ・ウェルズ・ワイルダー・ジュニアによって開発されたテクニカル指標です。 この記事ではATRとは何か?どのように使うのか?説明します。

2021-03-11T01:39:00+0000

Source: Bloomberg

レディットリスク→米株安→米ドル買いを警戒 / 米金利の反発が続けば全面的な米ドル高も / ドル円の焦点は?

今日のポイント:『今週は米ドル高を意識する1週間になると予想。その要因は『レディットリスク→米株安』にある。米金利の動向も米ドル高要因として意識したい。ドル円は105.65レベルのトライが焦点に』。詳細はマーケットレポートをご覧ください。

2021-01-31T23:21:57+0000

Source: Bloomberg

米株のトレンドパターンについて / ドル円のチャートポイント

今日のポイント:『米株高のトレンドは続いている。一方、ボラティリティは低下の一途をたどっている。過去のトレンドパターンを考えるならば、来年1月以降の下落に要注意。ドル円のチャートポイントは?』詳細はマーケットレポートをご覧ください。※次回のレポートアップは来年1月4日となります

2020-12-29T23:22:48+0000

Source: Bloomberg

米株の上昇トレンドはもうしばらく続く / ドル円は「米株高→ドル円の下落」というトレンドパターンが鮮明に

今日のサマリー。米株はもうしばらく上昇トレンドを維持する。米株高が続く限り米ドル安のトレンドも続く。ドル円は「株高で下落」というトレンドとなっている。目先のチャートポイントは?詳細はマーケットレポートをご覧ください。

2020-08-05T00:04:33+0100

IG Spread betting and CFD Trading

ノックアウト・オプション攻略に使える3つの戦略

ノックアウト・オプションを攻略するためには、その特徴を理解したトレード手法を用いることがポイントです。ここでは、マーケットの状況別で使えるノックアウト・オプション3つの戦略を解説します。

2020-08-03T04:11:00+0100

Source: bloomberg

対ユーロで米ドル安が加速 / ドル円のボラティリティも急上昇中 105円台の維持が焦点に

今日のサマリー。対ユーロで米ドル安が加速している。次の上値の焦点は1.1820レベル。一度反落する展開も想定しておきたい。ドル円は105.00の攻防が焦点。上値の焦点は106.00がレジスタンスとして意識されるかどうか。詳細はマーケットレポートをご覧ください。

2020-07-28T00:20:30+0100