ボラティリティ

米株の上昇トレンドはもうしばらく続く / ドル円は「米株高→ドル円の下落」というトレンドパターンが鮮明に

今日のサマリー。米株はもうしばらく上昇トレンドを維持する。米株高が続く限り米ドル安のトレンドも続く。ドル円は「株高で下落」というトレンドとなっている。目先のチャートポイントは?詳細はマーケットレポートをご覧ください。

ノックアウト・オプション攻略に使える3つの戦略

ノックアウト・オプションを攻略するためには、その特徴を理解したトレード手法を用いることがポイントです。ここでは、マーケットの状況別で使えるノックアウト・オプション3つの戦略を解説します。

対ユーロで米ドル安が加速 / ドル円のボラティリティも急上昇中 105円台の維持が焦点に

今日のサマリー。対ユーロで米ドル安が加速している。次の上値の焦点は1.1820レベル。一度反落する展開も想定しておきたい。ドル円は105.00の攻防が焦点。上値の焦点は106.00がレジスタンスとして意識されるかどうか。詳細はマーケットレポートをご覧ください。

強気を維持する投資家の心理とボラティリティの高止まり / 108.20レベルがレジスタンスとして意識されるドル円 6月の米雇用統計に注目

今日のサマリー。昨日は新興国通貨買いの米株高。投資家の心理は強気を維持。気になるのは米株のボラティリティの高止まり。予期せぬ深い株高の調整には要注意。ドル円のチャートは?詳細はマーケットレポートをご覧ください。

株高と米ドル安のセット相場は変わらず / 豪ドルとメキシコペソのポイントは?

今回のサマリー。株高と米ドル安のセット相場は相変わらず。豪ドルやメキシコペソは株高の恩恵を受けやすい通貨。豪ドルのボラティリティは低下基調にあり上昇幅は限定的となる可能性あり。メキシコペソのチャートポイントは?詳細はマーケットレポートをご覧ください。