外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

スイングトレードとは? 手法やコツを初心者向けに解説

スイングトレードとは、数日から数週間という短い期間で取引を完了する手法のことです。ここでは、スイングトレードとは何か、どんなことに注目するのかなど、スイングトレードの基本について解説いたします。

スイングトレードとは?

スイングトレードとは、長期にわたってポジションを保有するのではなく、数日から数週間という短い期間で完了する取引のことを言います。短期売買のため、ファンダメンタルズ分析よりもテクニカル分析をより重視するスタイルとなります。また、スイングトレードを好むトレーダーは、大きな利益よりも小さい利益を積み重ねることを重視します。

市場の小さい価格の変化に注目します。その変化から売買のポイント(価格が反発・反落するポイント)を探り、短期スパンで売買を繰り返します。短期間で価格が大きく動くことはまれです。このためスイングトレーダーは、小さな利益を積み上げることに集中します。

スイングトレードの基本と仕組み

スイングトレードでは「スイングロー」と「スイングハイ」という考え方が重要となります。
・「スイングロー」:トレンドの底
・「スイングハイ」:トレンドの天井

スイングトレードをする場合は、常に上2つのポイントを探します。マーケットが上昇のトレンドにある場合、トレーダーはスイングハイの水準を探ります。上昇トレンドから下落トレンドへ転じた瞬間、その水準をスイングハイと想定し、売りを仕掛けます。

その後、スイングローのシグナルを確認すると、一転して買いへ転じます。
スイングハイとスイングローの水準を正確に見極めることは不可能です。しかし、過去のトレンドパターンやチャートポイント、そしてテクニカル分析を併用してスイングトレーダーは価格の転換点を常に探ることに集中します。

スイングトレードとデイトレードの違い

スイングトレードの他に、デイトレードというスタイルがあります。スイングトレードとデイトレードの違いは、ポジションの保有期間にあります。デイトレードとは読んで字のごとく、その日のうちに取引を完結する取引スタイルのことです。デイトレーダーは、今日保有したポジションは今日の取引終了時間までに清算し、翌日に持ち越すことはありません。中には、たったの数十分で複数の銘柄を短期売買するデイトレーダーもいます。
スイングトレードとデイトレードに共通していることは、価格の小さな変化を捉えて小さい利益を積み重ねていく取引スタイルということです。

代表的な2つのスイングトレード戦略

ここからは、2つの代表的なスイングトレードの戦略について解説します。

  1. トレンド・トレーディング
  2. ブレイクアウト・トレーディング

トレンド・トレーディング

スイングトレードの戦略のひとつにトレンド・トレーディング戦略 」があります。この戦略では高安の攻防が重要となります。また、テクニカル指標も用います

トレンド・トレーディング戦略を好むトレンドトレーダーは、価格が高値を更新する場合に買い(ロング)のポジションを、市場が安値を更新する場合に売り(ショート)のポジションを保有します。要は「順張りの戦略」ということです。そしてトレーダーが考える「スイングロー」と「スイングハイ」との水準で保有しているポジションを清算します。トレンドの強さや価格の転換点を見極める際、移動平均線、相対力指数、平均方向性指数(ADX)といったテクニカル指標が使われます。

ブレイクアウト・トレーディング

スイングトレードの戦略にはもうひとつ「ブレイクアウト・トレーディング戦略」があります。これは、レンジ相場をブレイクすると予想する時に用いられる戦略です。
ブレイクアウト・トレーディング戦略を好むトレーダーは、最初に一定のレンジ内で推移している銘柄を見つけます。そして、その銘柄が支持線(サポートライン)や抵抗線(レジスタンスライン)を突破(ブレイクアウト)した後に買い(ロング)または売り(ショート)を仕掛けます。

ブレイクアウト・トレーディング戦略では、価格のモメンタムの強さが重要となります。モメンタムの強さが確認できるブレイクアウトは、その後も上昇(下落)のトレンドが続く可能性が高いことを示すからです。モメンタムの強さを確認するため、多くのトレーダーは出来高をチェックします。出来高が伴ってのブレイクアウトは、モメンタムが強いことを示すシグナルのひとつとなり得るからです。また、テクニカル指標では、出来高加重移動平均線を好むトレーダーもいます。

代表的なスイングトレードの指標

スイングトレード戦略では、テクニカル指標が重要となります。多くのトレーダーは価格だけでなく、テクニカル指標を併用して売買のポイントを見極めようとします。ここでは、スイングトレード戦略で使われる代表的なテクニカル指標について解説します。

  1. 移動平均線
  2. 相対力指数
  3. ストキャスティック・オシレーター

移動平均線

最もよく使われるテクニカル指標の1つが 移動平均線(MA)です。この指標は、一定期間の終値の平均が連なり、1本のラインとしてチャート上に描画されます。
例えば50日MAは、過去50日間の終値を50で割ることで計算されます。これらの値を時系列ごとにプロットすることでチャートにライン状に描画されます。トレーダーは、価格とラインの相対的な水準、そして期間別のMAの水準と比較してトレンドの強さを確認します。

なお、MAには直近の価格動向をより反映している指数平滑移動平均線(EMA)があります。ここではEMAを中心に解説いたします。

指数平滑移動平均線(以下ではEMA)で覚えておくべきことは、トレンドを予測するテクニカル指標ではなく、トレンドを確認するためのテクニカル指標であるということです。なぜEMAではトレンドが予測できないのか?その理由は、この指標が遅行指標(過去の価格の平均値)であるためです。
一般的に、価格がEMAより上の水準で推移している時は、上昇トレンドに勢いがあると判断します。逆に価格がEMAより下の水準で推移している時は、下落トレンドに勢いがあると判断します。
また、EMAを用いる戦略では、期間別のEMAの水準を比較してトレンドの強さを判断することができます。
上のチャートを見てください。短期のEMA(Fast EMA)として50日EMA(赤い線)が描画されています。そしてもうひとつ長期のEMA(Slow EMA)として100日EMA(緑の線)も描画されています。これらEMAが交差するポイントが4つあります。期間の短い50日EMA(赤い線)が期間の100日EMA(緑の線)を下方にブレイクすることを「デッドクロス」といいます。これは、下落トレンドに勢いがあることを示すシグナルと判断します。よって、スイングトレード戦略を重視するトレーダーは、デッドクロスを確認すると売り(ショート)を仕掛けます。
一方、期間の短い50日EMA(赤線)が期間の100日EMA(緑線)を上方にブレイクすることを「ゴールデンクロス」といいます。これは、上昇トレンドに勢いがあることを示すシグナルと判断します。よって、スイングトレード戦略を重視するトレーダーは、ゴールデンクロスを確認すると買い(ロング)を仕掛けます。

または、単純に価格と1本のEMAの水準を比較して、価格がEMAを下方にブレイクする場合は下落トレンドに勢いがあると判断し、トレーダーは売り(ショート)を仕掛けます。
逆に、価格がEMAを下方にブレイクする場合は上昇トレンドに勢いがあると判断し、トレーダーは買い(ロング)を仕掛けます。

相対力指数(RSI)

スイングトレード戦略では、トレンドの勢いを測るモメンタム指標を使うことがあります。モメンタム指標と指数平滑移動平均線(EMA)を併用してトレンドの強さを確認するトレーダーもいます。
一般的にスイングトレード戦略で使われるモメンタム指標はRSIです。このモメンタム指標は、価格の「売られ過ぎ」や「買われ過ぎ」を判断するために使われます。

RSIは0から100までの数値をとり、価格チャートの下に描画されます。一般的にRISが70を超えると「買われすぎ」と判断します。下のチャートで赤いラインがそれにあたります。一方、RSIが30を下回ると「売られすぎ」と判断します。下のチャートで緑ラインがそれにあたります。

RSIを重視するトレーダーは、RSIが30以下へ低下した後、再び30以上の水準へ反発したことが確認されるタイミングで、相場が上昇トレンドへ転じたと判断し買い(ロング)を仕掛けます。一方、RSIが70以上へ上昇した後、再び70以下の水準へ反落したことが確認されるタイミングで、相場が下落トレンドへ転じたと判断し売り(ショート)を仕掛けます。
ポジションを保有した後、直近の高安での動き、RSIの水準そして移動平均線の動向などをチェックし、スイングハイやスイングローとトレーダーが判断する水準で反対売買(ポジションの清算)をします。

ストキャスティクス

RSIの他によく使われるオシレーター系指標として「ストキャスティクス」があります。直近の終値と一定期間の取引レンジ(一般的に14日間)を比較する指標です。ストキャスティクスは先行指標としての特性を持つことから、多くのトレーダーはトレンドの転換を探る時にストキャスティクスを使用します。
以下のチャートでは、ストキャスティクスは2本のライン-インジケーターライン(黒いライン)とシグナルライン(赤いライン)でチャート上に描画されます。これらのラインは0から100の間で推移します。数値が80を超えていれば「買われすぎ」、20未満であれば「売られすぎ」と判断します。

2本のラインが交差する時、それがトレンド転換のシグナルとなります。例えば、インジケーター・ラインがシグナル・ラインを下から上にブレイクする場合、スイングトレーダーはインジケーター・ラインの水準が80を超えない限り、買い(ロング)のポジションを保有することを考えます。 一方、インジケーター・ラインがシグナル・ラインを上から下にブレイクする場合、スイングトレーダーはインジケーター・ラインの水準が20未満まで低下しない限り、売り(ショート)のポジションを保有することを考えます。

IG証券でスイングトレードをするには

  1. 口座を開設
    IG証券のサイトから簡単に口座を開設することができます。
  2. お好きな銘柄を選んで取引を開始
    17,000以上の豊富な銘柄の中から、お好きなものを選んで取引を始めましょう。

また、無料のオンライン学習コース「IGアカデミー」ではマーケットや取引に関する様々なことが学べます。ぜひご覧ください。まずはトレードの練習をしたいという方向けに、無料で使えるデモ口座のお申し込みも受け付けております。

スイングトレードのまとめ

  • スイングトレードとは、数日から数週間で売買を繰り返す取引スタイルのことです。
  • スイングトレードは短期売買のスタイルです。よって、大きなトレンドに乗って大きな利益を狙うのではなく、小さなトレンドの中で小さな利益を積み上げていくことが求められます。
  • スイングトレードでは「スイングロー」「スイングハイ」の見極めが重要となります。スイングローでは買い(ロング)、スイングハイでは売り(ショート)を狙います。
  • スイングトレードには2つの取引戦略があります。
    1:トレンド・トレーディング戦略
    2:ブレイクアウト・トレーディング戦略

  • スイングトレードでは、テクニカル指標を使うことをおすすめします。スイングトレードに適したテクニカル指標は以下の3つです。
    1:指数平滑移動平均線(EMA)
    2:RSI(相対力指数)
    3:ストキャスティクス

作成日 : 2021-11-05T07:23:56+0000


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

こんなに豊富?IG証券のCFD銘柄は17,000以上

外国為替、日本株・外国株、株価指数、債券先物、商品(エネルギー、農産物、貴金属)など多彩な資産クラスをFX取引、CFD、バイナリーオプション、ノックアウト・オプションで提供

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。