テクニカル分析の定義

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、過去の値動きにテクニカル指標を重ね将来のトレンドを予測する分析手法です。テクニカル指標には移動平均線や一目均衡表といった様々な種類の指標があります。多くの投資家はこれらテクニカル指標を駆使し、売買のポイントを見極めます。
市場分析の手法として一般的に知られているのがファンダメンタルズ分析です。これは各国の経済動向や各企業の財務状況に焦点を当て、将来のトレンドを予測する分析手法です。一方、テクニカル分析は純粋に資産の価格のみをベースとした分析手法となります。

テクニカル分析ツール

様々なテクニカル指標を搭載したWEB取引プラットフォームの詳細はこちら

テクニカル指標の例

テクニカルアナリストは、チャートのトレンドやパターンを見つけるために様々なテクニカル指標を用います。例えば上記の移動平均線や一目均衡表の他、支持線、抵抗線、ボリンジャーバンド、DMIやRSIといった指標もテクニカル分析ではよく好まれています。すべてのテクニカル指標に共通する目的は、投資家がチャートの動きを簡単に理解し、正確にトレンドを予測することにあります。

テクニカル分析の長所と短所

テクニカル分析の長所

市場トレンドを把握することはあらゆる取引戦略において重要です。すべての投資家は最良の売買ポイントを見極める必要があります。テクニカル分析はそのポイントを見つけ出すひとつの有効な分析手法として多くの投資家に好まれています。
テクニカル分析が多くの投資家によって使用されているということは、同じテクニカル指標、例えば同じ支持線と抵抗線を使って売買ポイントを見つけ出す場合、多くの買い手と売り手の思惑が同じテクニカルポイントに集まります。そうなると、そのレベルが重要な売買のポイントとなります。

テクニカル分析の短所

市場では予測不可能な要素が常に存在します。テクニカル分析であれ、ファンダメンタルズ分析であれ、いかなる分析手法も100%正確であるという保証はありません。過去の価格パターンは将来の価格変動を予測する上で重要な情報の一つです。しかし、それが確実に将来を予測する情報ではないことを理解しておくことが重要です。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを
通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。

A - B - C - D - E - F - I - L - P - R - S - V - W - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

用語集一覧はこちら

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com