イドウヘイキン・移動平均の定義

移動平均とは?

ある一定期間の価格から平均値を計算し、一本の線で表すテクニカル指標です。この指標はトレーダーの間で一般的に使用されています。

移動平均線では資産価格の過去の動きを分析して、支持線および抵抗線のレベルを想定することができます。また、過去の価格変動を確認し、他のテクニカル指標と組み合わせることで売買シグナルを見出す際に有効であることから、将来の変動を予測する際に投資家に最も用いられるテクニカル指標のひとつです。尚、テクニカルには先行指標と遅行指標があります。移動平均線は遅行指標となります。

移動平均線を算出するには一定量のデータが必要です。算出したい期間の長さによっては、必要なデータ量が膨大になることがあります。たとえば10日の移動平均線では10日分のデータ、1年の移動平均線では1年分のデータが必要です。

この指標は、新しいデータがつながる形でチャートの線が「移動」していくため、「移動」と表現されます。

テクニカル分析ツール

様々なテクニカル指標を搭載したWEB取引プラットフォームの詳細はこちら

移動平均線の例

移動平均線には、単純移動平均線と指数平滑移動平均線の2種類があります。

単純移動平均線(SMA/Simple Moving Average)は、一定期間における価格を単純に平均したもので、最も基本的な移動平均線(SMA)になります。10日のSMAを算出するなら、過去10日間の価格合計を10で割るだけです。

たとえば過去10日間の資産のデータが80、81、81、82、80、82、89、82、82、83なら、移動平均線はこれらの合計を10で除した82.2になります。

一方、指数平滑移動平均線は、直近の価格に重点を置き、新しい情報に敏感に対応できるようにします。

IG証券のプラットフォームでは、移動平均線を自動で計算しています。また、上記の移動平均線はもちろん、ボリンジャーバンドやRSIといったその他のテクニカルツールもご利用いただけます。これらを利用するには、チャート上部にある「指標」アイコンをクリックし、移動平均線を選択します。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com