米金利の上昇とその影響について / ドル円のチャートポイント

今日のポイント:『バイデン政策の期待が高まり、米国市場は連日の株高 / 金利上昇の展開に。米ドル相場は金利の上昇にサポートされ対主要国通貨で買い優勢の展開となった。ドル円のチャートポイントは?』。詳細はマーケットレポートをご覧ください。

米金利の上昇とその影響について

昨日の外為市場は、米ドル買い優勢の展開となった。ホワイトハウスも議会も民主党が支配する『ブルーウェーブ』となり、バイデン新政権は高い政策運営能力を保持することになった。この点が意識され、前日に続き昨日の米国市場も株高と長期金利(以下では米金利)の上昇が同時に発生する展開となった。

今後は、米金利の上昇が外為市場に与える影響を注視したい。以下のチャートを見ると、米金利が1%の水準を突破する局面で、実質金利がその動きに追随していることがわかる。

米金利の動向

米金利の動向



そして実質金利と米ドル相場の大まかな方向性を示すドルインデックスのトレンドはほぼ一致している。

これらの関係を考えるならば、このまま米金利の上昇基調が続く場合、『実質金利の上昇→米ドルの買い戻し』という局面が散見されよう。

特に米金利との相関性が徐々に回復しているドル円のトレンドは、米金利の動向に左右されると予想する。

株高と金利の上昇が同時に発生する局面では米ドル安の圧力が後退することで、上昇幅の拡大を想定したい。

株安となってもバイデン新政権の政策実現を意識して米金利が上昇基調を維持する場合は、円高の圧力が相殺されよう。このケースでもドル円は小幅ながら上昇する展開が予想される。

実質金利と米ドル相場の動向

実質金利と米ドル相場の動向

ドル円のチャートポイント

ドル円は、昨日のレポートで指摘した短期レジスタンスライン(11/11高値105.67が起点)を大陽線で突破し、104.00を目指す展開となっている。

今日もドル円は、米金利の動向次第でトレンドが左右される展開を想定したい。

米金利が上昇基調を維持する場合は、7月1日の高値108.16を起点としたレジスタンスラインのトライが焦点となろう。このラインは今日現在、104.55レベルで推移している。
フィボナッチ・リトレースメント50.0%の水準104.12の突破は、このラインをトライするシグナルと想定したい。104.00にはオファーの観測あり。

一方、米金利が再び低下基調へ転じる場合は、ドル円の反落を予想する。このケースでは103円台の維持が焦点となろう。昨日のNYタイムに相場をサポートした103.50を下方ブレイクする場合は、103.00を視野に下落幅の拡大を想定したい。
103.00にはビッドが観測され始めている。

ドル円のチャート

ドル円のチャート

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IG証券のFXトレード

  • 英国No.1 FXプロバイダー*
  • 約100種類の通貨ペアをご用意

* FX各社をメイン口座、セカンダリー口座として使用している顧客が過去12か月間1回でも取引を行い、且つ今後もその会社で取引する意思があると回答した割合。Investment Trends UKレバレッジ取引レポート 2020年6月

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

弊社の個人情報保護方針・アクセスポリシーにご同意の上、申し込みください。

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。