外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

FXのリスクリワードとは 計算方法や勝率の関係を解説

リスクリワードレシオとは、1回の取引における損益の比率のことをいいます。ここでは、リスクリワードレシオの計算方法を中心に、FX取引やその他のトレードを始める前に知っておきたいことをまとめました。

FXのリスクリワードとは

リスクリワードとは、1回のトレードにおける「リスク(損失)」と「リワード(報酬)」の比率のことをいいます。リスクリワードレシオと呼ばれることもあります。この比率を使って、1回のトレードの価値を定量化することができます。

トレードを行う際には、「何としてでも勝ちたい」「他の投資家を出し抜く予想をしなければ」という視点になってはいないでしょうか。トレードを成功させたいという気持ちは理解できますが、どんなに知識があり、経験を積んでいたとしても、未来を確実に予測することは不可能だといえます。

プロの投資家は、リスクに焦点を合わせることで、これから資産として投じる金額が、はたして潜在利益に見合うかどうかを見定めながら取引を行っています。

リスクリワードレシオは、そのトレードに価値がどの程度あるかを計るために利用することができます。

リスクリワードレシオの計算方法

リスクリワードレシオの計算方法は、次の通りです。

リスクリワードレシオ = 勝ちトレードの平均利益 ÷ 負けトレードの平均損失

勝ちトレードの平均利益の額と、負けトレードの平均損失の額が同じであれば、リスクリワードレシオは「1」となります。

一方、リスクリワードレシオが「1以上」になるならば、その取引が「勝ちトレードの利益額>負けトレードの損失額」の状態にあることを示しています。逆にリスクリワードレシオが「1以下」の場合は、「負けトレードの損失額>勝ちトレードの利益額」の状態にあることを示しています。

  • リスクリワードレシオが1以上……勝ちトレードの利益額 > 負けトレードの損失額
  • リスクリワードレシオが1以下……負けトレードの損失額 > 勝ちトレードの利益額

リスクリワードレシオの考え方

コインを投げて、表が出るか、裏が出るかを予想するコイントスゲームを例に、リスクリワードレシオの考え方を見てみましょう。

コインには表と裏の2通りしかないので、投げるたびにその予想が当たる確率は50%です。予想が外れたら100円を失い、当たったら100円が手に入るとすれば、収支はとんとんです。しかし、投資家としては、スプレッド、スリッページ、手数料といったコストがかかることも考慮に入れなければなりません。

つまり、このような場合でも、長期的にはおそらく損することになってしまいます。

この状況を改善する方法が2つあります。

1つ目は、高い確率で確実に勝つようにすることです。でも残念ながらこれは事実上不可能です。確率はあくまでも確率に過ぎません。よって、2つ目の方法、すなわち、当たったときの儲けが、外れたときの損失を上回るようにするしかないのです。

多くの投資家は1つ目の方法で勝率を高めようとします。それはコイントスで勝つよりも簡単に見えますが、長期的に見るとほぼ不可能です。2つ目の方法の方が、はるかに先見の明のあるアプローチだといえます。当たったときのリワードが、外れたときの損失を大幅に上回るようにすること、これを「ポジティブ」リスクリワードレシオといいます。

コイントスの話に戻すと、外れたときに1ポンドの損失、当たったときに2ポンドの利益が生じるなら、リスクリワードレシオは1対2です。

50%の確率で当たれば、利益は外れたときの損失を補って余りあるものとなります。

リスクリワードレシオとFX勝率の関係

FXトレーダーにとって勝率は重要です。勝率とは、利益を出した取引数とトータルの取引数の割合です。10回取引して5回勝てば勝率は50%です。6回勝てば60%、9回勝てば勝率は90%となります。


勝率:利益を出した取引数÷トータルの取引数

しかし、FX取引で利益獲得の可能性を高めたいならば「リスクリワード」の方をより重視することをおすすめします。
リスクリワードで重要なことは、「最適な損失額と利益額の比率をあらかじめ設定すること」です。
取引スタイルにもよりますが、「損失額1:利益額2」または「損失額1:利益額3」が最適なリスクリワードの比率と考えられています。

上の比率をみると、「利益額>損失額」となっていることがわかります。
なぜか?その理由は、「利益額>損失額」とすることで、勝率が低くてもトータルの取引で利益額が損失額を上回る可能性を高めることができるからです。

実際に、リスクリワードレシオを使ったFXの取引例を見てみましょう。

  • 例:ドル円、110.00で1ロット買い、リミット(利益):20pips、ストップ(損失):10pips

取引の回数 損益幅(pips) 損益額(円)
1 20 2,000
2 -10 -1,000
3 -10 -1,000
4 -10 -1,000
5 20 2,000
6 -10 -1,000
7 20 2,000
8 -10 -1,000
9 -10 -1,000
10 20 2,000
合計 20 2,000

上の例では、勝率が40%(4割)です。50%を切っているので、成功した取引数よりも失敗した取引数の方が多いということになります。

しかし、リスクリワードを「損失1:利益額2」にすることで、成功した4回の取引でも利益を出せることがわかります。
このように「利益額>損失額」とすることで、勝率は低くても利益を獲得する可能性を高めることができます。

FXの仕組みについてくわしくはこちら

リスクリワードを活用したデイトレード

FX取引には色々な取引スタイルがあります。リスクリワードレシオを用いる際は、何度も上昇を止めているレジスタンスのポイントと、何度も下落を止めているサポートのポイントを基準に取引をする方法があります。この方法はデイトレードにも活用することができます。

  • 例:レジスタンスのポイントを意識した、ドル円の売り取引

以下はドル円の15分足チャートです。109.75前後で上値の重い状況が続いています。
下落することを予想してドル円の売り取引を考える場合、109.75を損切りの水準と定めます。

そこから10pips下の109.65でドル円の売りを仕掛けます。利益額は109.65から20pips下(109.45)に設定します。

こうすることで、損失額を限定しながら利益を追求することができます。

売りポジション:109.65
リミット(利益):20pips
ストップ(損失):10pips
リスクリワードレシオ:「損失額1:利益額2」​

リスクリワードレシオのまとめ

  • 取引の潜在利益が損失リスクを上回っているようにしましょう。
  • 予想が外れたときの損失よりも、正しかったときの利益の方が大きくなるようにしましょう。
  • 1対2のリスクリワードレシオであれば、たとえ40%の勝率でも利益を上げることができる可能性があります。
  • 1対2のレシオを実現するには、指値注文のピップス差を逆指値(ストップ)注文の2倍に設定します。

リスクリワードレシオを使った取引は、無料のデモ口座でも練習することが可能です。

作成日 : 2021-09-17T08:45:14+0100


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

こんなに豊富?IG証券のCFD銘柄は17,000以上

外国為替、日本株・外国株、株価指数、債券先物、商品(エネルギー、農産物、貴金属)など多彩な資産クラスをFX取引、CFD、バイナリーオプション、ノックアウト・オプションで提供

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。