外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

任天堂株の買い方・売り方を解説

任天堂は「Nintendo Switch」や「ニンテンドー3DS」で知られるゲームメーカーです。今や日本のみならず、世界中のゲームファンを魅了する企業に成長しました。この記事では任天堂株の買い方・売り方から、任天堂の歴史やビジネスモデル、そして株価のファンダメンタルズ分析について解説します。

任天堂株の買い方・売り方

任天堂に投資したい場合は、大きく分けて2つの方法があります。1つ目は、任天堂の株式を購入して、買った時よりも値上がりするのを待つ方法、いわゆる一般的な株式投資です。
2つ目は、デリバティブ取引と呼ばれる方法を利用して任天堂株を取引する方法です。任天堂株をIG証券で取引する際は、デリバティブ取引の一種である株式CFDを利用することになります。株式CFD取引では、株式そのものは所有しません。株価が上昇するか、下落するかを予測することで取引を始めます。

株式CFDについてくわしくはこちらをご覧ください

任天堂の株式をIG証券で取引する方法

  1. IG証券の口座を開設する/すでに口座をお持ちの方はログインする
  2. 「個別株口座」を選択
  3. 「任天堂」を検索
  4. 買い取引か、売り取引かを選択し、ロット数を決める
  5. 指値・逆指値注文などを必要に応じて設定する
  6. 注文を確定する

任天堂の株価

任天堂の歴史  創業から東証一部上場まで

任天堂の始まり

今や世界中でその名をとどろかせる任天堂の歴史は、1889年に山内房治郎氏が京都市下京区にて花札の製造を開始したことから始まります。
当時、輸入商品しかなかったトランプの製造に日本で初めて着手し、1947年に京都市東山区に株式会社丸福(現・任天堂株式会社)が設立されます。
1925年に3代目社長に山内溥氏が就任。当時のトランプは紙製が主流でしたが、プラスチック製トランプの開発をスタート。また、キャラクターの使用権を取得して作成した「ディズニートランプ」がヒットし、売り上げを大きく伸ばします。1962年、大阪証券取引所市場第二部および京都証券取引所に株式を上場しました。

社名を「任天堂株式会社」に変更

1963年には社名を「任天堂骨牌」から現在の「任天堂株式会社」へ変更。
山内社長は経営の多角化を模索し、タクシー会社、インスタントライスの開発などトランプ製造以外の事業を始めますが、いずれも事業の柱になることはありませんでした。東京オリンピックが開催された1964年ごろにはトランプの売り上げも減っていき、会社の利益は減少していきます。しかし、このころからオリジナル玩具の開発・販売に着手。「ウルトラハンド」は120万個以上を売るヒット商品となりました。

エレクトロニクス玩具、ビデオゲーム機の開発へ

1966年、他社の玩具商品との差別化を徹底しようと、同社はエレクトロニクス玩具の開発に着手。アーケード業界への参入を経て、1978年任天堂は市販のビデオゲーム機「コンピューターオセロゲーム」を開発します。1980年には携帯型ゲーム機「ゲーム&ウオッチ」を発売。同年、ニューヨークに米国任天堂を設立し、ここから任天堂の海外展開が始まりました。

ファミリーコンピューターを発売、東証一部上場

1983年には「ファミリーコンピューター(ファミコン)」を発売。1984年には累計出荷台数100万台、1987年には1000万台と大きく普及し、社会現象にもなりました。1983年には東証一部にも上場しました。

任天堂株価の歴史

任天堂(7974)は東証一部に上場しています。2022年3月25日時点で、任天堂の株価は65760円(終値)ですが、スーパーファミコンを発売した翌年、1984年の株価は1758円でした(12/31終値)。当時と比べて、約37倍と大きく成長していることがわかります。
任天堂の株価が大きく上昇しだした大きな要因の一つに、2015年3月に発表したモバイルゲームへの進出があります。その直後には株価が27%も跳ね上がりました。
さらに、「ポケモンGO」が発売された2016年7月にも任天堂株価は大きく上昇しました。これにより任天堂の時価総額は約100億ドル押し上げられます。

任天堂の成功は、売上だけでなく、製品に関する宣伝による影響もあります。2019年6月、任天堂は人気ゲーム「どうぶつの森」の発売延期を発表しましたが、これにより株価は3.53%下落。同社は10億ドルという莫大な市場価値を失うことになりました。

同社は他にも、2022年12月に北米で公開予定の長編アニメーション映画「スーパーマリオブラザーズ」や、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内2021年3月オープンした「スーパー・ニンテンドー・ワールド™」など、ゲーム以外の事業機会を追求しています。任天堂ブランドをより多くの人々に売り込むことを目的としていますが、任天堂の成長を左右するのはやはり商品の売上高であるといえるでしょう。

任天堂の株価の推移(1984年~)

任天堂の経営陣

任天堂株式会社を率いる経営陣は次のメンバーです。社員数は、連結社員数 6,737名(2021年9月末現在)、単独社員数 2,621名(2021年9月末現在)となっています。

任天堂株式会社の取締役

代表取締役社長 古川 俊太郎
代表取締役 フェロー 宮本 茂
取締役 専務執行役員 高橋 伸也
取締役 上席執行役員 塩田 興
取締役 上席執行役員 柴田 聡
社外取締役 Chris Meledandri
取締役 (監査等委員) 野口 直樹
社外取締役 (監査等委員) 梅山 克啓
社外取締役 (監査等委員) 山嵜 正雄
社外取締役 (監査等委員) 新川 麻

任天堂株式会社の執行役員

上席執行役員 大和 聡
上席執行役員 進士 仁一
上席執行役員 小泉 歓晃
執行役員 手塚 卓志
執行役員 村上 元
執行役員 別府 裕介
執行役員 山岸 健太郎
執行役員 Doug Bowser
執行役員 Stephan Bole

(2022年3月2日現在 任天堂株式会社ホームページより)

任天堂のビジネスモデルとは

任天堂のビジネスモデルは、家庭用電子機器とビデオゲームの製造・販売で成り立っています。任天堂は、人気のゲーム機「Nintendo Switch 」をはじめとしたゲーム機本体、スーパーマリオシリーズや星のカービィ シリーズ、ポケモンなどのゲームソフトを製作・販売しています。

ゲームソフトは従来型のパッケージ版でも購入できますが、近年はオンラインでダウンロードをすることも可能です。ユーザーはソフトを買いに行ったり、届くまで待ったりする必要なくすぐソフトを使えるメリットがあるほか、ビジネス面では流通コストの削減にもなります。任天堂のゲーム機で使用できるのは、互換性のあるライセンスゲームだけとなっています。

任天堂株価のファンダメンタルズ分析

任天堂の株価を分析するためには、ファンダメンタルズ分析を徹底的に行う必要があります。ファンダメンタルズ分析には、業績や経営陣の交代など、事業に影響を与える要素を加味します。しかし、企業情報だけを見ていてもあまり役には立ちません。任天堂が事業を行っている分野や経済全体の健全性についても調査する必要があります。

任天堂の株式を分析する際には、1株当たり純利益(EPS)、株価収益率(PER)、株主資本利益率(ROE)、配当利回りなどの指標を利用します。

  • 1株当たり純利益(EPS)は、そのビジネスが利益を上げているかどうかを確認するのに役立ちます。任天堂の利益を発行済み株式数で割ると、EPSが算出されます。
  • 株価収益率(PER)は、株価が1株当たり純利益の何倍まで買われているかを見る指標です。任天堂の株価を1株当たり純利益(EPS)で割って計算されます。
  • 株主資本利益率(ROE)は、株主の投資に対して、会社が資産からどれだけの利益を上げているかを測るものです。任天堂の当期純利益を株主資本で割るとROEが算出されます。
  • 配当利回りは、株価に対する年間配当金の割合を示しています。配当金額を株価で割って100をかけると配当利回りが算出されます。

まとめ

「スーパーマリオ」シリーズ、「Nintendo Switch」などで知られる任天堂株式会社の歴史は、1889年に花札の製造を始めたところからスタートします。アーケードゲームなどを経て、家庭用ゲーム機の販売を開始すると、日本国内だけではなく海外でもNintendoの名が知られるようになります。
任天堂は1983年から、東証一部に上場しています。IG証券では、株式CFDで任天堂株を取引することが可能です。


無料のデモ口座 では、実際に取引を行う前にトレード環境を体験していただくことができます。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

こんなに豊富?IG証券のCFD銘柄は17,000以上

外国為替、日本株・外国株、株価指数、債券先物、商品(エネルギー、農産物、貴金属)など多彩な資産クラスをFX取引、CFD、バイナリーオプション、ノックアウト・オプションで提供

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。