外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

テーマ株とは? 投資のメリット・デメリットや探し方を解説

テーマ株とは株式の分類方法のひとつです。この記事では、テーマ株に投資するメリットとデメリット、そして探し方についてもわかりやすく解説します。

テーマ株とは?

テーマ株とは、話題の企業や業種、または業界の銘柄を一つのまとまりとして考える、株式の分類方法の一つです。例えば「将来性」はテーマ株としてよく用いられます。将来性がある企業の株には、さまざまな方面から資金が入ることが期待できるからです。

また近年では、環境問題が地球規模のテーマになっています。このテーマに注目すれば、さまざまな関連銘柄を見つけることができるでしょう。持続可能(サステイナブル)な技術・素材を提供する会社や代替肉を提供する会社など、上場時に話題となった環境関連の企業が多くあります。

テーマ株の種類

テーマ株の種類には、その時代ごとにさまざまなものがあります。近年注目されているジャンルをいくつか見ていきましょう。

  • 人工知能(AI)

人工知能(AI)技術は、カスタマーサービスに用いられる会話型AIをはじめ、業務効率化、マーケティングソリューション、自動運転分野、翻訳、文書要約など、AI技術は幅広い分野で活用されています。それだけに関連株も今後増えていくことが予想されます。エヌビディアなど自動運転でも注目されている企業や、アドビセンセイでクリエイティブ業界をリードするアドビシステムズなど、さまざまな銘柄が挙げられます。



  • 自動運転

トヨタ自動車ダイムラーなど旧来の自動車メーカーだけでなく、地図情報ソフトを提供するドーン<2303> などの企業や、センサーなどのシステム部分を担う関連企業の銘柄も注目を集めています。5G技術の登場で、自動運転関連も実用化に向けてさらに前進するといわれています。



  • 5G

5G通信(第5世代移動通信システム)はこれまでとは比べ物にならないほどの通信速度・大容量のネットワークで、車の自動運転や遠隔医療などの可能性がさらに広がると期待されています。5GのNR RFテストシステムで注目される日本企業アンリツや、いち早く5Gに取り組む米国のベライゾンなどさまざまな銘柄があります。

  • バイオテクノロジー

バイオテクノロジーとは、「バイオロジー(生物学)」と「テクノロジー(技術)」の合成語です。このテクノロジーは、生物の能力や性質を利用して、人間の生活に役立たせるというものです。特に医薬品・分野での活用が顕著で、「バイオベンチャー」と呼ばれるベンチャー企業による新技術にも注目が集まっています。2019年に始まった新型コロナウイルスによるパンデミック下では、ファイザーアストラゼネカそして米バイオベンチャーのモデルナといったワクチン・治療薬関連企業がニュースでも目立ちました。



テーマ株投資のメリットとデメリット

次に、テーマ株投資のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

テーマ株のメリット

テーマ株のメリットの一つに、短期間で株価が上昇する傾向があるという点が挙げられます。テーマ株には、機関投資家・個人投資家を問わず多くの市場参加者が注目します。このためテーマ株には多額の資金が流入し、短期間で株価が上昇する場面が多く見られます。株価が上昇すれば、利益を得るチャンスも多くなります。また、うまく市場のトレンドに乗れば、テンバガー株(10倍株) やそれ以上に成長することも期待されます。

テーマ株のデメリット

テーマ株は、短期的な株価の上昇が期待できる一方、ボラティリティー(株価の変動幅)が大きいというデメリットがあります。ボラティリティが大きいということは、急落するリスクが常にあるということです。このためテーマ株を投資対象にする際は、ほかの取引と同様、ご自身で事前に投資計画を立てておくことをおすすめします。
また、テーマ株は注目されると株価が急騰する傾向にあるため、常に次のテーマ株を探しておかないと思ったように利益を挙げることができない、ということも念頭に置いておきましょう。

テーマ株の探し方

テーマ株の探し方について見ていきましょう。上でも述べたように、テーマ株はニュースなどにより広く知られると株価が急騰することが多くあります。このため株価が上昇する前に、次のテーマ株となる銘柄を見つける必要があります。
未来を正確に予言することは誰にもできませんが、国内だけでなく世界のニュースを日ごろからチェックし、世間に先駆けて次の時代の波に乗れそうな銘柄を見つけてみましょう。

時事ニュースをチェックする

将来テーマ株として採用されそうなニュースを毎日、長期間にわたってチェックすることです。国内のニュースだけでなく、海外のニュースもチェックすることをおすすめします。

今後のイベントをチェックする

年に何度か行われている展示会や、イベントなどでは最新の製品やサービスに関する情報が紹介されていることが多くあります。

流行をチェックする

流行・トレンドは常に移り変わります。しかし、長い目で見ていると何が流行りそうか?ということが見えてくることがあります。国内より先に海外で流行っており、今後国内でも受け入れられそうなジャンルはないか?等々、広い目線でとらえてみましょう。

テーマ株のまとめ

テーマ株とは、株式銘柄をある一つのテーマでまとめる分類方法の一つです。これから成長が期待される注目企業や分野がテーマ株として採用されることが多くあります。このためテーマ株には多くの資金が流入する傾向があります。

テーマ株の銘柄は、株価が急に上昇しやすい半面、下落も早い傾向があります。テーマ株の投資で利益を得るには早い段階から有望と思われる銘柄を見つけて、ご自身の投資計画を事前に考えておくことが肝要です。

IG証券では、株式をCFDで取引することができます。CFDでは、株式そのものを保有する必要がないため、「売り取引」から開始することもでき、下落局面でもチャンスを狙えるという特長があります。

口座開設のお申し込み(無料)はオンラインで3分で完了します。また、デモ口座を利用すれば仮想資金を使って実際の取引を体験することができます。

作成日 : 2021-04-12T10:19:00+0100


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

こんなに豊富?IG証券のCFD銘柄は17,000以上

外国為替、日本株・外国株、株価指数、債券先物、商品(エネルギー、農産物、貴金属)など多彩な資産クラスをFX取引、CFD、バイナリーオプション、ノックアウト・オプションで提供

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。