金融取引とは?

金融取引は、そのほかのトレーディングと形式は変わりません。資産を買ったり売ったりすることで、利益獲得を目指します。ここでは、金融取引の基本や、金融取引にかかわる人たち、マーケットについて解説します。

金融取引とは?

金融取引とは、金融資産を売買することです。取引所経由または店頭販売(OTC)のいずれかの方法で実行されます。取引所は、特定の種類の商品を取引できる高度に組織化された市場です。たとえば、ニューヨーク証券取引所(NYSE)では米国株式を取引できます。店頭販売で取引する場合、取引は2つの当事者間で直接行われます。一般にトレーダーが取引を行う場合は、IGなどの取引ブローカーからCFD契約を購入することになります。


取引を行うことができるのはどの市場?

株式株価指数FX取引など、金融市場と金融商品はたくさんあります。 IGでは、12,000以上の株、90の通貨ペア、30の株価指数など、合計16,000以上の銘柄を取引することができます。

取引されている商品が何であれ、利益を上げるという目的は常に同じです。金融商品を低価格で購入し、より高い価格で販売することができれば、利益を上げられます。反対に、買ったときの価格よりも安い価格で売ると、損失を被ることになります。

取り扱い銘柄を見る

誰が取引をしているのか

金融市場では、多数の企業や個人、機関から政府までが同時に投資を行っています。では、トレーダーとは実際どのような人のことを言うのでしょうか?トレーダーとは、金融商品を売買することで、利益を上げようとする人のことを言います。

特定の金融商品や資産のみを取引する人もいれば、さまざまな商品を取引する人もいます。取引を開始する前に、下調べを入念にするスタイルもあれば、チャートのトレンドを見て取引の参考にするスタイルもあります。いろいろなスタイルがありますが、「リスクを負っている」ということは全トレーダーに共通して言えることです。

どんな金融商品をトレードするにしても、どの商品が取引されているのか、誰が取引しているのか、どこで取引が行われているのかにかかわらず、潜在的な利益とリスクのバランスを取ることが取引戦略の成功の鍵だといえます。


トレードと投資の違いは?

トレードと投資の違いは、利益を得る手段と、その資産を実際に保有するかどうかによります。トレーダーは、短期または中期で、金融商品をより安く買ってより高く売り、利益を得ようとします。投資家も、株を安値で買って高値で売ろうとしますが、これを長期間にわたって行うことが特徴です。また、配当金による収入も期待しています。

一般的な取引方法にはCFD取引がありますが、投資家は株式取引またはETFを選んで取引します。デリバティブ取引では、実際に原資産は保有しませんが、株式の取引を行う場合は、実際にその株式を所有することになります。

金融取引の始め方

IGで金融取引を始めるためのステップは、大きく次の3つに分かれます。

  1. 口座を開設する
  2. トレードに使用する銘柄を選ぶ
  3. 初めてのトレードをし、モニタリングする

口座を開設する

まずは、トレードを行うための口座を開設します。オンラインフォームから必要事項を入力し、本人確認が完了すれば、準備完了です。登録したIDとパスワードを入力して、口座に入金しましょう。

まずはリスクのない環境で練習をしたいという場合は、デモ口座を開設しましょう。

IG証券の口座を開設する

トレードに使用する銘柄を選ぶ

16,000以上ある銘柄から、トレードに使用する銘柄を選びましょう。ご自身の経験や、リスク許容度に従って選んでいきます。すべてのトレードにはリスクがあります。とくに、レバレッジをきかせた場合にはそのリスクは高くなりますので、不必要な損失を出さないためにも、リスク管理戦略をしっかりと立てておくことが大切です。

初めてのトレードをし、モニタリングする

これらのステップが完了したら、いよいよ実際のマーケットで取引を行ってみましょう。CFD取引を行う場合は、マーケットの価格が上昇しても下落しても、どちらにもチャンスがあります。もし、価格が上昇すると予想したなら「買い」注文を入れます。反対に下落すると予想した場合には、「売り」注文を入れます。トレードに関する決定は、自分自身のマーケット分析やトレーディング戦略に基づいて行いましょう。

トレードは、PCのほかアンドロイド、iPhoneやiPadなど、さまざまなプラットフォーム上で行うことができます。

金融取引についてのまとめ

金融取引について、覚えておくべきことは次の通りです。

  • 金融取引とは、金融資産を売買することで、利益を得ようとすることです。

  • FXや株式などの金融商品や、CFDのようなデリバティブ商品、オプションなどを取引することができます。

  • 金融取引は、取引所経由か、店頭取引によって行われます。

  • 値動きの大きいマーケットは、「ボラティリティーのあるマーケット」と呼ばれます。

  • IGではFX、株、株価指数など、16,000以上の銘柄をトレードすることができます。

  • トレードと投資の違いは、資産の権利を実際に保有しているかどうかによります。

  • 金融取引を始めるには、まず口座を開設し、取引したいと思っているマーケットについて調べます。投機を見つけたらトレードを開始し、行方をしっかりと見守ります。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

こんなに豊富?IG証券のCFD銘柄は17,000以上

外国為替、日本株・外国株、株価指数、債券先物、商品(エネルギー、農産物、貴金属)など多彩な資産クラスをFX取引、CFD、バイナリーオプション、ノックアウト・オプションで提供

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。