株式

株に投資する方法

株の投資に利用できる戦略は数多くあります:

この他には、原市場の株式の総取引額のごく一部を証拠金とし入金するだけで取引できるCFDなど、デリバティブによる株取引があります。

IG証券のCFD取引について詳しく見る

株式は本来、最低でも5年から10年間保有する長期投資と考えられています。その間、株価は変動する可能性が高く、企業が倒産すれば、初期投資額を失うこともあります。

株取引やデリバティブ取引の方法をいくつか紹介します:

 

CFD

IG証券では、実際の株式保有価格を負担することなく株取引ができる差金決済取引(CFD)をご利用いただけます。証拠金取引は、多額の資金を投資に振り向けることなく、十分なサイズのエクスポージャーを得ることができます。

CFDでは、ポジションを保有および清算した時点で株価の差金清算に同意することになります。

CFD取引口座をご利用いただくと、株式以外にもFX、株価指数、商品(コモディティ)など、数多くの銘柄の取引が可能です。

株式CFDの取引方法の詳細は、CFD取引方法の項をご覧ください。

CFD取引はレバレッジ商品であり、初回預け入れ金額を超える損失が発生する可能性があります。

株式仲介

株の売買取引をするには、お客様と証券取引所の間を仲買人として取り持つ株式ブローカーが必要になります。株式ブローカーの役割は基本的に、お客様の代理人として株を売買することです。投資戦略における実際のサポートは、お客様が必要とするサービスレベルにより異なります。

主に3つのサービスレベルがあります:

フルサービスブローカー
役割:お客様から投資目的を聞き出し、それを達成する戦略を立てて実行します。
手数料:

アドバイザリーブローカー
役割:投資アドバイスを行い投資を推奨しますが、最終判断はお客様に委ねられます。
手数料:

発注限定ブローカー
役割:取引に関するアドバイスはなく、お客様の指示通りに注文の取り次ぎを行います。数多くのオンラインブローカーが発注限定サービスを提供しています。
手数料:

様々な株式仲介業者が存在するため、ご自身に合った種類のブローカーを慎重に選ぶことが大切です。ブローカーから必要とする情報量を決めるため、金融商品知識の充実とポートフォリオのモニターに時間を割くことが重要となります。

例えば、発注限定ブローカーが追加料金を支払うとアドバイスを提供するなど、単一ブローカーが複数のサービスレベルを展開する場合もあります。

先物

先物取引は、その日の約定価格で、指定した将来日に定量の株式(またはその他資産)を二者間取引することです。

この取引により、株主に取引価格が確定され、その結果、指定期間内の不利な相場変動に対するリスクを限定することができます。投資家が取引相手に料金を支払うよう請求します。

オプション

オプションは、一定の日または期間において固定価格で売買する権利が所有者に与えられますが、義務ではありません。

オプションを使って、様々な資産クラスの変動を予想して投資したり、既存の投資をヘッジしたりできます。

 

支払い金額

株式の現物買いはレバレッジ取引ではありません。通常の株式ブローカーを通して株を購入した場合、その企業業績のエクスポージャーに相当する総取引額を支払うことになります。

一般的に、売値の他に追加手数料がかかります。詳しくはスライドショーをクリックしてください。

ブローカー取引を行う場合、料金はお客様の求めるサービスレベルにより異なってきます。値段が最も高いものはフルサービスです。サービスにはお客様のニーズに対する詳細な評価や既存の投資ポートフォリオが含まれ、ブローカーによる適切なアドバイスが提供されます。この場合、別途料金が発生するか、より高い手数料率が課せられます。

反対に、値段が最も安いものは発注限定サービスで、取引に関するアドバイスはなく、お客様の取引を実行するだけです。本サービスはフルサービスと比較すると格段に安いですが、お客様自身で調査を行う必要があります。

この他に、株式のCFD取引があります。これは、取引額のわずか0.054%(税込)の手数料を支払うだけです。さらに、証拠金取引のため、最初に総取引額の何分の一かを入金するだけ取引を行えます。

ただし、マーケットがお客様の予想に反して変動した場合、そのリスクは株を現物買いした場合と全く同じであることを忘れないでください。

株の「売り」取引

「空売り」とも呼ばれ、株が値下がりした時点で買い戻すことを期待して株を売却します。トレーダーはこの方法を利用して、株価の下落を見込んで利益を得ようとします。

ブローカーから株を借りて即座に売却し、契約上の義務により後日その株を買い戻すという手法です。株価が下がることで売却時よりも安い価格で株を買い戻し、差額分の利益を得ようとします。

空売りは、すべての投資家推奨されるサービスではなく、主にプロ向けの取引です。しかし、IGのCFD取引では、オプション、先物、(英国の)スプレッドベッティングなどの他のデリバティブ商品と同様、株を思惑売りできます。

「空売り」により、株価の下落時に利益を得ることができます。

損失発生の取引例

  1. プルデンシャル株が1000英ペンスで取引されていると仮定します。
  2. ジョナサン氏は、売却目的で、プルデンシャル100株を合計1000英ポンドでブローカーから借りることにしました。
  3. その後すぐに、株価が1200英ペンスに上昇しました。
  4. ジョナサン氏はプルデンシャル100株を1200英ポンドで購入して手仕舞いすることにしました。
  5. ジョナサン氏はこれらの株を貸し手に返却しました。現在、貸し手は以前と同数の株に加えて、ジョナサン氏から支払われたサービス手数料を手にしました。
  6. ジョナサン氏の損失は、借りた株を売却したときの価格と返却する株を購入したときの高値の差額分200英ポンドに加え、ブローカーに支払う手数料となります。

 

利益発生の取引例

  1. プルデンシャル株が1000英ペンスで取引されていると仮定します。
  2. ジョナサン氏は、売却目的で、プルデンシャル100株を合計1000英ポンドでブローカーから借りることにしました。
  3. その後すぐに、株価が800英ペンスに下がりました。
  4. そして、ジョナサン氏はプルデンシャル100株を800英ポンドで購入できたとします。
  5. ジョナサン氏はこれらの株を貸し手に返却しました。現在、貸し手は以前と同数の株に加えて、ジョナサン氏から支払われたサービス手数料を手にして満足しています。
  6. ジョナサン氏は借りた株を売却したときの価格と返却する株を購入できた安値の差額分200英ポンドを手にしています。当然、ブローカーに支払った手数料は、この利益でカバーされます。

 

 
 

取引時間

株の取引は、指定の証券取引所の取引時間に行うことができます。

例えば、英国の場合、午前8時から午後4時30分の間、売買取引が行われています。ただし、FTSE100の入札は、取引開始前の午前7時50分から午前8時の間と、取引終了前の午後4時30分から午後4時35分の間にも行われています。

世界証券取引所の開始・終了時間の一覧は、表をご確認ください。

取引所 タイムゾーン 開始 終了
オーストラリア証券取引所(ASX) オーストラリア東部標準時間 (GMT+10) 10.00 16.10
コペンハーゲン証券取引所(CSE) 中央ヨーロッパ時間 (GMT+1) 9.00 17.00
ユーロネクスト・アムステルダム(AMS) 中央ヨーロッパ時間 (GMT+1) 9.00 17.40
ユーロネクスト・パリ(EPA) 中央ヨーロッパ時間 (GMT+1) 9.00 17.30
フランクフルト・クセトラ(FSX) 中央ヨーロッパ時間 (GMT+1) 9.00 17.30
ヘルシンキ証券取引所(OMX) 東ヨーロッパ時間 (GMT+2) 10.00 18.30
香港証券取引所(HKEX) 香港時間 (GMT+8) 9.30 16.00
アイルランド証券取引所(ISE) GMT 8.00 16.30
ヨハネスブルク証券取引所(JSE) 中央アフリカ時間 (GMT+2) 9.00 17.00
ロンドン証券取引所(LSE) GMT 8.00 16.30
ミラノ証券取引所(MTA) 中央ヨーロッパ時間 (GMT+1) 9.00 17.25
ナスダック アメリカ東部標準時間 (GMT-5) 9.30 16.00
インド国立証券取引所(NSE) インド標準時間 (GMT+5.5) 9.00 15.30
ニューヨーク証券取引所(NYSE) アメリカ東部標準時間 (GMT-5) 9.30 16.00
ニュージーランド証券取引所(NZSX) ニュージーランド標準時間 (GMT+12) 10.00 17.00
オスロ証券取引所 中央ヨーロッパ時間 (GMT+1) 9.00 17.30
上海証券取引所(SSE) 中国標準時間 (GMT+8) 9.30 15.00
シンガポール取引所(SGX) シンガポール標準時間 (GMT+8) 9.00 17.00
スペインの証券取引所(BME) 中央ヨーロッパ時間 (GMT+1) 9.00 17.30
ストックホルム証券取引所(OMX) 中央ヨーロッパ時間 (GMT+1) 9.00 17.30
スイス証券取引所 中央ヨーロッパ時間 (GMT+1) 9.00 17.30
トロント証券取引所 アメリカ東部標準時間 (GMT-5) 9.30 16.00
東京証券取引所(TSE) 日本時間 (GMT+9) 9.00 15.00
ウィーン証券取引所 中央ヨーロッパ時間 (GMT+1) 8.55 17.35