ファンダメンタル分析

コース概要

コース説明

どうしたら潜在的な可能性を秘めた投資機会を見つけることができるのでしょうか?これは、投資家ならば誰しもが知りたい問題です。今まさに株価が急騰しようとしている無名の株式、おそらく将来のアップル社やグーグル社のような銘柄を見つけることは、投資家の夢です。 ファンダメンタル分析は、そうした銘柄を探し出す上で役に立ちます。

本コースでは、何層にも重なった情報を掘り下げて、他の人は気付いていないかもしれない有望銘柄を見つけ出すために、どのようにファンダメンタル分析の手法を適用することができるのかを説明していきます。

どの銘柄が上昇に向かっていき、どの銘柄が下落に向かっていくのかを見極めるために、これから経済データを評価する方法、会社の財務報告を精査する方法、さらに経営陣に質問する方法を学んでいきます。

コース時間

50分

レベル

中級

コースのベネフィット

簡潔で分かりやすいレッスン
実践的な練習問題
見やすいビジュアルコンテンツ
興味深いデータや例
理解度をクイズで確認

コースレッスン例: キャッシュ・フロー計算書

ここではキャッシュフローとはどういった物かを説明するコースの一部をご紹介します。
 
  • 投資活動によるキャッシュフロー

    この区分では、会社が長期投資有形固定資産を売却又は購入したことに関するキャッシュ・フローが表示されます。

それでは、こうした数値からどのようなことが分かるでしょうか。よく「キャッシュ・イズ・キング(現金は王様)」ということが言われます。銀行預金はずる賢い会計処理を用いても偽装できないものであるため、多くのアナリストは銀行預金を重要な資産だと考えています。