外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

銅価格見通し: 短期的には上値の重さ意識か 中国が商品価格抑制へ

銅価格の上値がこのところ重い。最大消費国の中国がインフレを抑制するために商品価格を抑制する方針を示しており、目先は上値の重さを意識した展開が続きそうだ。

銅価格の上値がこのところ重い。国際価格の指標であるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物は2月25日に1トン=9412.50ドルの9年半ぶりの高値を付けた。しかし、その後はドル相場の上昇などを背景に上値を抑制されている。4月14日は9074.50ドル。

最大消費国の中国がインフレを抑制するためにコモディティ(商品)価格を抑える方針を示しており、銅は目先、上値の重さを意識した展開が続きそうだ。2020年12月から21年1月に相場の上伸を阻んだ8000ドル水準が下値のめどになる。銅の重しになる可能性のある諸要因を以下に挙げた。

中国のコモディティ価格抑制

中国の李克強首相は、コモディティ価格の上昇に伴う企業へのコスト圧力を緩和するために、原材料市場の規制を強化する必要性を唱えた。新華社が12日伝えた。

これに先立ち中国国家統計局が9日発表した3月の卸売物価指数(PPI)は前年同月比4.4%上昇。3カ月連続のプラスで、18年7月以来の高い伸びとなった。2月は1.7%上昇だった。

劉鶴副首相が主宰した8日の金融安定発展委員会の会議でも、コモディティ価格動向を注視する方針が示されていた。

中国ではコモディティ価格の高騰を背景とする生産原価の急速な上昇で、製品価格への転嫁が避けられなくなっている。製造業の一部はコスト削減のために雇用拡大に慎重になりつつある。

ドルの動向

外国為替市場でのドル高の進行もまた、銅を含むコモディティの国際価格にとってはマイナス材料だ。

ドルの総合的な強さを示すドル指数は年初から上げ基調にある。しかし、速いペースで上昇していた米長期金利が4月に入り頭打ちになると、ドル高にもストップがかかった。

米国ではコロナワクチンの普及に伴い、力強い経済成長が見込まれている。長期金利が上昇を再開すればドル買いが再び始まり、銅相場を抑制する可能性がある。

銅生産は増加へ

調査会社グローバルデータは2月に発表した世界銅生産見通しで、21年の生産が前年比5.6%増の2130万トンになると予想した。24年にかけて生産は2460万トンまで膨らむ見通しという。

コロナ禍に見舞われた20年は2.6%減の2010万トンだった。

グローバルデータは各国別の生産動向も分析している、3月に発表したペルーの銅生産見通しによると、21年の同国の生産は前年比10.4%増の240万トンになる。24年には310万トンに拡大する見通しという。

また、4月に発表したチリの銅生産見通しによると、21年の同国の生産は前年比3.7%増の595万7100トンになる。今後も増加を続け、24年には670万2800トンになる見通しという。チリは世界最大の銅生産国。

中長期的見通し

当面の上値抑制要因をみてきたが、中長期的には銅の見通しは明るい。新型コロナの収束を経て景気回復期に入る国が増えるにつれ、銅は力強さを取り戻すだろう。需要の伸びはマイナス材料の相殺につながる。

社会の脱炭素化に向けた動きも銅需要を増加させるだろう。電気自動車(EV)やグリーンインフラにとって銅は欠かせない素材だ

22年には1万ドルを超える水準での推移が見込まれ、目先の動きはそれに向けた水準固めになる可能性が高い。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IG証券の商品(コモディティ)トレード

  • 約70種類の商品が取引可能
  • 原油や金など主要な商品の円建て銘柄
  • 金・銀、原油はバイナリーでも

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

弊社の個人情報保護方針・アクセスポリシーにご同意の上、申し込みください。

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。