外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

システムトレードとは?メリット・デメリット、裁量トレードとの違いを解説

システムトレード(シストレ)とは、あらかじめ決めておいた一定のルールに従い、継続的かつ機械的にトレードする取引方法です。ここではシステムトレードのメリット・デメリットを含む、おさえておきたい基礎知識を説明します。

システムトレード(シストレ)とは

システムトレードとは、事前に設定しておいた取引ルールに従って、システムが機械的・継続的に行う取引方法のことをいいます。自動取引と呼ばれることもあります。

システムトレードは、FX取引や近年では暗号通貨(仮想通貨)取引でも使用されている投資法で、人間の感情に左右されず、機械的に取引を行うことができる点や、24時間相場を監視していなくてもシステムが代わりに取引を行ってくれる点などが国内外のトレーダーに好まれています。

たとえば、ある株を10000円で買い、それが11000円になったときに売るようにプログラムされたアルゴリズムを使用しているとします。実際に設定した株価に達すると、このアルゴリズムが実行されます。

ProRealTimeチャートを使った自動取引

IG証券では、ProRealTimeチャートを使ったシステムトレードが可能です。ProRealTimeチャートにはProOrderという自動取引機能が搭載されています。

ProOrderでは、次のようなことが可能です。

• トレーディング戦略の作成、検証、修正
• それらの戦略を実行しご契約のアカウントで実際に取引を実行
• お客さまご自身もしくは他のユーザーにより作成された戦略のインポートと エクスポート
戦略には、特定のテクニカル指標、プログラムされたロジック、リスク管理のトリガー、そして最新の注文やオープンポジションの状況に基づいて、ポジションの取り方に関する指示を含めることができます。

システムトレードのメリット

システムトレードのメリットは次の通りです。

人間の感情によるブレを取り除くことができる

人間は感情のある生き物ですから、どんなに意識していたとしても目先の欲に目がくらんでしまったり、損切に踏み切れなかったりと、トレードにリスクをもたらしてしまうことがあります。システムトレードを利用すれば、あらかじめ設定しておいた通りにトレードが行われるため、感情によるブレを防ぐことができます。

心理状態がトレーダーの取引に与える影響について学ぶ

相場の動きをずっと追っていなくてもよい

システムトレードを利用すれば、24時間相場の動きをチェックしておく必要はありません。システムが、事前に設定したルールに沿って自動的に取引を行ってくれるからです。

システムトレードのデメリット

システムトレードのデメリットは、次のようなものが挙げられます。

相場の急変動に対応できないケースがある

相場は予期せず、急変動する可能性が常にあります。そのようなケースには臨機応変に対応ができないこともあるため、事前にお使いのシステムトレードの仕様を確認しておくのと同時に、定期的に自動売買プログラムの設定をみなおしておくようにしましょう。

ルール設定を見直す必要がある

一度設定したルールがしばらくうまく機能していたとしても、時がたつにつれて相場の状況は変わるものです。定期的にシステムのルール設定を見直すことが大切です。

初心者には扱いが難しいことも

システムトレードの設定は、取引を始めたばかりの方や、これから始めたいという方には、設定や扱いが難しいかもしれません。どのような銘柄でどのような設定にするのがよいかといったことは、ご自身の好みのトレードスタイルがまだわからないという段階では決めることが難しいからです。投資やシステムについて学習し、ご自身のスタイルを見つけることをおすすめします。

まずはトレードや金融についての知識をつけてから、システムトレードを取り入れるほうがよいでしょう。

システムトレードと裁量トレードの違い

システムトレードと裁量トレードの違いについて見ていきましょう。システムトレードは、事前に設定したルールにより機械的に取引を行うのに対し、裁量トレードと呼ばれる手法では、トレーダー自身が手動で取引を行います。

実際のトレードにおいては、人間の判断が成功の鍵であると多くのトレーダーは考えています。システムトレードには多くの利点がありますが、トレンドの変化に対して柔軟に対応しやすいのは裁量トレードであるといえます。

システムトレード派、裁量トレード派に分かれることもありますが、どちらかがより優れているということはありません。それぞれのメリット・デメリットを把握し、タイミングに合わせて活用するのがよいでしょう。

システムトレードと裁量トレードの違い
システムトレード 裁量トレード
ルールに従って自動的にシステムが取引する(感情を取り除く取引) 人間の判断でその都度取引をする(感情が入る取引)
相場の急変動に対応できないケースがある 相場の急変動にも対応できる
相場のチェックに時間をかける必要がない 市場の動きによっては相場のチェックに時間が取られる

システムトレードが向いているタイプの人とは

システムトレードにはメリットがある一方、デメリットもあることがわかりました。そのうえで、次のようなタイプの人にはシステムトレードがおすすめです。

冷静になろうと思っていても、取引中に感情をコントロールするのは難しいことです。「もう少し待ったらこの価格まであがりそうだ」と、事前に決めておいたご自身のトレードルールを逸脱する取引をしてしまってうまくいかないという方は、システムトレードを導入してみてもよいかもしれません。また、チャートを見る時間があまりとれないという方も、システムトレードの性質を利用して忙しい間に取引を自動で行うことで、時間の有効活用ができるでしょう。

システムトレードについて まとめ

システムトレード(シストレ)とは、あらかじめ設定しておいた取引ルールに基づき、システムが自動で行う取引のことをいいます。システムトレードを利用すると、人間の感情のブレによるリスクをおさえると同時に、自動で取引が行われるため一日中チャートを見ていなくてもよいというメリットがあります。半面、相場の急変動に対応しにくかったり、初心者には設定がむずかしかったりというデメリットもあります。

IG証券ではProRealTimeチャートに搭載されている、ProOreder機能を使って自動取引をすることが可能です。無料のデモ口座でも1か月間はProRealTimeチャートをお使いいただけるので、興味のある方はお試しください。

作成日 : 2021-12-21T09:57:44+0000


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

こんなに豊富?IG証券のCFD銘柄は17,000以上

外国為替、日本株・外国株、株価指数、債券先物、商品(エネルギー、農産物、貴金属)など多彩な資産クラスをFX取引、CFD、バイナリーオプション、ノックアウト・オプションで提供

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。