株式

株価変動の理由

株価は数か月間ほとんど変わらないこともあれば急速に変動することもあります。株の変動量をボラティリティと呼びます。

ボラティリティに影響する要因は様々です:

需要と供給
株の売りよりも買いを希望する人の方が多い場合、その株はより求められている(つまり、「需要」が「供給」を上回る)ため、価格は上昇します。逆に、供給が需要を上回ると、価格は下落します。

1347544426141

収益
企業が得る利益です。収益が予想を超えると、株価は通常上昇します。収益が予想に反すると、株価は下落傾向になります。

1347544425801

センチメント
おそらく株価変動において最も複雑かつ重要な要因です。株価は通常、将来の企業業績に対する予想が強く反映されます。これらの予想は、業界の規制動向、企業経営陣に対する世間の信頼、マクロ経済情勢など、複数の要因の上に成り立っています。

1347544425183

買いと売り

株式取引では、株を買う際に支払う価格を売値(オファー)と呼び、株を売る際に受け取る価格を買値(ビット)と呼びます。

売値は常に買値より高値であり、そのため、2つの価格を調整しながら売買を活発にすることが証券取引所の役割です。

買値と売値の差額をスプレッドと呼びます。一般的にスプレッドの大きさが株の流動性を測る上で信頼できる基準となり、スプレッドが狭いほど、その株の流動性は高くなる傾向があります。

価格は常に変動するため、価格は常に変動するため、ストップ注文またはリミット注文で指定注文をしない限り、株式の注文を出しても正確な支払い金額あるいは受取り金額が分からない場合があります。