ADXインジケーターとは? ADXの概要と使い方

ADXインジケーター平均方向性指数)とはテクニカル分析のひとつです。主に潜在的なトレンドの強さを測定する手段として使用されます。

bg_chart_1369837
Source: Bloomberg

取引きする際に最も重要なことは、トレンドの強さを見極めることにあります。もちろんこの見極めは簡単ではありません。そこでトレーダーの中にはADXを用いることで、現在のトレンドの強さを視覚的に予測しようとします。

トレンドフォローを主体とした取引きは、現在でも多くのトレーダーの支持を得ています。この取引方法で重要なことはトレンド転換を見極めことです。多くのトレーダーはテクニカル指標でこの転換を見極めようとしますが、トレンド転換を示す全てのテクニカル的なブレイクアウトが、実勢相場の転換を示すわけではありません。ある調査によれば、実際に明確なトレンドが発生する確率は30%未満であり、それ以外はレンジ相場取引が続くことが確認されています。レンジ相場は、上昇/下落のトレンドから大きな利益を得ようとするトレーダーにとっては魅力的な相場環境とはいえません。しかし、こうしたトレーダーは明確なトレンドが発生する局面でADXを用いることで、まずトレンドの強さを確認します。そうすることで、トレンドフォローによる利益獲得の機会を得ようとします。

ADXとは?

ADXはモメンタム指標の一種です。一般的にマイナス/プラスの方向性指数(DI)と組み合わせることで、上昇/下落のトレンドを把握することに用いられます。

また、ADXのパラメーターは0から100までの数値で表示されます。通常、その値が25を超えるケースでは、トレンドの勢いが強く且つそれが継続すると判断します。

ADXの使い方

ADXは、通常14日間の価格レンジをベースとした移動平均に基づいています。期間は相場の状況に応じて変更することができます。ADXはトレンドの勢いを確認するためのテクニカル分析手法です。トレンド予測のための指標ではないことを覚えておいて下さい。

例えば以下のチャートは、2017年末から2018年5月末までのDAX(ドイツ 30種株価指数)を示しています。1月と2月は価格が急落しています。一方、ADXは上昇しています。これは下落トレンドが力強いことを示しています。

対照的に3月の上昇局面ではADXが下降しています。これは上昇トレンドが弱いことを示しています。ADXはトレンドを予測するのではなく、トレンドの強さを測る指標である、とい基本を理解していれば、ADXを上手く用いることができます。

すでに述べたとおり、ADXはDIというラインと併用されることがあります。しかし、1番目のチャートではADXを分かりやすく説明するため、プラス/マイナスで示されるDIを省きました。一方、2番目のチャートではADXとDIが表示されています。

緑色の線の上についての説明

プラスの方向線(緑)がマイナスの方向線(赤)の上にあるとき、強気相場の可能性を示唆しています。しかしトレンドの強さを測る際は、ほとんどのトレーダーはADXを重視する傾向があります。

ADXチャート

ADX-alone-060918_LRG

方向性指数を含むADXチャート

ADX-with-DI-060918_LRG

上記の例では、トレーダーが重要視するのはADXではなく、実勢相場の価格であることを示しています。

いかなるテクニカル指標も常に相場の状況を正しく反映するわけではありません。トレーダーにとって重要なのは、市場の最重要の条件を考慮に入れることです。ナスダック100指数(米国テク株100)に関する以下の例で示されるように、トレンドは所詮トレンドです。

Nasdaq-100-trend-weak_LRG

米国テク株指数は、2018年に入り8カ月の間に最高値を更新し続けてきました。しかし、ADXの動向を確認すると8月末に25を上回る程度の上昇にとどまりました。実勢相場の強気相場が続いたほとんどの期間で、ADXは多少上下に変動していたに過ぎないことがわかります。

つまり、実勢相場の動向をADXは正しく反映していなかったと言えます。このためADXのみでトレンドの強さを測ろうとする場合、トレーダーは実勢相場の動向を見誤る可能性があります。

トレンドは、人間が考えるよりもはるかに長く続く場合があります。取引きでよく見られる失敗は、優位なポジションを早々と売却し、その結果、潜在的な利益を失うことです。上述したナスダック100はその良い例です。それまで強気スタンだったトレーダーがADXの下降を重視した場合、実勢相場の動向を無視し、ポジションを早々と清算しようとする誘惑に駆られた可能性があります。

価格は最も重要な要素です。この点は、ナスダック100の長期的な強気相場が示唆しています。ADXはトレンドの強さを測る際に役立つ場合があります。しかし、すべてのテクニカル分析と同様、確実に実勢相場の動向を反映するとは限りません。

上記の例では、私は常に日足チャートも確認するようにしています。長期的見通しはトレンドフォローに役立つからです。そうすることで短期間の動きにとらわれて、急速かつ立て続けに損失を被る事態を回避することができます。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。