外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

マイクロソフトの稼ぎ頭がAzureに、22年にOfficeの売上高抜く見通し

マイクロソフトが展開するクラウドサービス「Azure」の売上高が、統合オフィスソフト「Office」を2022年に抜き、同社の稼ぎ頭に躍り出る見通しだ。

マイクロソフト<MSFT>が展開するクラウドサービス「Azure(アジュール)」の売上高が、統合オフィスソフト「Office(オフィス)」を2022年に抜き、同社の稼ぎ頭に躍り出る見通しだ。パイパー・サンドラーの分析をCNBCが伝えた。

マイクロソフトが26日発表した2020年10~12月期決算は売上高が430億7600万ドルだった。

Azure単独の売上高をマイクロソフトは発表していないが、パイパーは全体の売上高の約17%に相当する72億ドルだったと推測する。他社が算出する売上高も同様の水準だ。ウィリアム・ブレアは同期のAzureの売上高を74億ドルと推測している。

Azureの売上高が全体に占める割合は3年前には4%に過ぎなかったとみられている。

パイパーの推測が正しければ、Azureの売上高はすでに基本ソフト(OS)の「Windows」を抜いたことになる。マイクロソフトによると、10~12月期のWindowsの売上高は57億1600万ドルだった。

同様にAzureの売上高は「Office 365(オフィス365)」もすでに抜き去ったとパイパーは推測する。

パイパーは22年4~6月期にOffice 365にラインセンス契約のOfficeを加えたOffice全体の売上高をAzureが初めて上回ると予想。推定売上高はAzureの118億ドルに対し、Officeは109億ドルという。

Azureは10年の発売からわずか10年余りで、1989年に登場したOfficeを抜き、マイクロソフト最大の製品になるもようだ。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IG証券の株式CFD

  • 世界16,000銘柄以上の株式トレードをCFDで提供
  • 日本、アメリカ、ヨーロッパを含む世界の株式を1株からリーズナブルにお取引
  • 世界の有名企業の株が取引可能

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

弊社の個人情報保護方針・アクセスポリシーにご同意の上、申し込みください。

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。