ロールオーバー

A - B - C - D - E - F - I - L - P - R - S - V - W - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

用語集一覧はこちら

取引におけるロールオーバーとは、満期を超えてポジションを保有しづけるプロセスを指します。

多くの取引には有効期限があり、それを迎えると自動的に清算され、いかなる利益、もしくは損失も実現化されます。しかし幾つかの状況では、取引はロールオーバーすることが出来ます。これは収益、損失ともに実現化せず、新しい有効期限が設定されることを言います。しばしば、ロールオーバーには料金が発生します。

例えば先物契約においては、満期を迎える代わりにロールオーバーが用いられることがあります。このケースでは、新たなポジションを保有する際の価格はコストの考慮に入れられます。オプション取引においては、ロールオーバーとは有効期限の長い類似したオプションを購入することを意味します。

スポットFXのようなより短期的な取引では、日をまたいでポジションを保有するためのコストがあります。これは持越し費用とも言われます。

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com