外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

サキモノケイヤク・先物契約の定義

先物契約とは

先物契約は、予め定められた期日(満期日)に予め決められた価格で特定の商品を売買する契約のことです。

一般的に「先物取引」とも呼ばれています。先物契約は取引所で行われ、貴金属や農産物から株価指数など幅広い商品が対象となります。先物で金融商品を取引すると、投資家はその商品のエクスポージャーを得ることになります。詳細は以下をご参照ください。

マーケットデータ

リアルタイムプライス、チャート、マーケット分析などIG証券が提供するマーケットデータはこちら

先物契約の詳細

先物契約で商品を買う場合、投資家は先物契約の満期に予め合意した価格で原資産を購入する義務が生じます。一方、先物契約で商品を売る場合、投資家は満期日に予め合意した価格でその資産を売る義務が生じます。

先物契約では実物(現物)で商品を取引する場合があります。一方、差金のみで決済する取引もあります。差金決済の場合、約定した先物価格と決済価格との差額のみを受渡しすることになります。

すべての先物契約には満期があります。満期とは、契約をする時点で予め取り決めた最終取引日のことです。

商品の生産者は価格の変動リスクを避けるために、先物契約を頻繁に利用します。この契約を結ぶことで、長期的かつ安定的に商品の価格を維持できるからです。一方、投資家が先物契約で金融商品を取引する場合は、主に差金決済での取引となります。金融商品での先物契約は、時に他の金融商品のリスクをヘッジする目的に利用されます。また、純粋に投機目的の場合もあります。

先物契約の例

あなたがドイツの代表的な株価指数ドイツ40(DAX)を先物で取引しようとしているとします。現在の購入価格は10,700ユーロです。10,750ユーロを突破する場合、DAXはさらに上昇するとあなたは予想しています。そこで、満期2カ月のDAXを10,750ユーロで先物取引を行いました。

満期日にドイツ30が10,770ユーロで取引されているとしましょう。この場合、購入価格10,750ユーロ以上であるため、差金決済で利益を得ることができます。逆に満期日までに一度も購入価格の10,750ユーロに到達しない場合は、差金決済して損失が確定します。損益の額は取引の規模と価格により変動します。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。

A - B - C - D - E - F - I - L - M - O - P - R - S - T - V - W - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

用語集一覧はこちら

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com