アービトラージトリヒキ(アービトラージ取引)

アービトラージ取引とは、金利差や価格差を利用して利益を得ようとする取引を指し、別名「裁定取引」と呼ばれる、異なる2つの市場における同一の商品の価格差を利用した取引です。2つの異なる価格が存在する場合、割安な方を買い、割高な方を売り、両者の価格差が縮小した際にそれらを反対売買することで「利ざや」を得ようとするものです。

取引対象の銘柄は、価格差がどこに生じるかによって市場や形態が異なりますが、オプションや株式、FX、コモディティ、金融派生商品など、ほぼすべての金融商品が対象となります。

株式の場合、特定の銘柄が2つの異なる国で上場されている場合にアービトラージ取引が可能となります。為替レートの変動の影響で2つの取引所において株価は同一銘柄でも異なります。株を1つの市場で売り、他方の市場で同時に購入すると、トレーダーはその価格差により利益を得ることができます。  

トゥルー・アービトラージ

トゥルー・アービトラージとは、前述のアービトラージの形式で行われる取引のことです。厳密に言うと、トゥルー・アービトラージは、同じ価値の2つの資産が異なる価格で取引されるという、市場における非効率性を利用する取引です。そのためリスクが存在しない、リスクフリーの取引となります。とはいえ、テクノロジーの向上によりこのトゥルー・アービトラージ取引が可能になるような市場の非効率性は大幅に解消されてきています。

リスク・アービトラージ

そのため、よりリスクの高いアービトラージ取引は増加しています。リスク・アービトラージは、買収される会社の株式のように、株価が急激に変動するような株の取引です。トゥルー・アービトラージとは異なり、株価変動が必ずしも起きるとは限らないので、100%リスクフリーというわけにはいきません。

アービトラージ取引の好機を見出すには、強力な自動ソフトウェアが必要です。

詳細はこちら

A - B - C - D - E - F - I - L - P - R - S - V - W - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

用語集一覧はこちら

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com