コンテンツにスキップする

外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

生成AI(人工知能)関連の株式テーマの銘柄5選

AI(人工知能)は、働き方や学び方に加え、旅行、医療へのアクセス、コミュニケーションなどのあり方を革新します。この記事では、注目すべき生成AI関連株5銘柄を紹介します。この記事で取り上げる銘柄は、時価総額に基づいて選ばれています。

chart 出所:ブルームバーグ

AI(人工知能)業界は、機械学習、自然言語処理、ロボット工学などの進歩により、近年大きく成長しました。世間の注目を集めるのに一役買ったのは、対話形式で質問に回答できるChatGPTでした。ChatGPTは「Chat Generative Pre-trained Transformer」の略で、このようなAIはさまざまな角度から私たちの生活や働き方に変化をもたらす可能性があります。この記事では、トレーダーが生成AI時代にいかに投資できるかについて、必要な知識をご紹介します。

AIとは?

ブリタニカ百科事典では、AIを「知的生物が取り組むタスクを実行する、デジタルコンピュータまたはコンピュータ制御ロボットの能力」と定義しています。一方で、米国のエヌビディア社は、AIを「コンピュータプログラムまたは機械が、明確な命令を受けることなく、思考・学習・行動する能力」と表現しています。

生成AI(ジェネレーティブAI)とは?

IBMは生成AIを「トレーニングに使われたデータを基に、質の高い文章や画像などのコンテンツを生成することができる深層学習(ディープラーニング)モデル」と定義しています。生成モデルは統計分析に長年使われていますが、近年のディープラーニングにおける進展により、そのモデルを画像や文章などの複雑なデータタイプにも適用できるようになりました。

エヌビディアは生成AIの主な使い道を、言語、視覚、聴覚の3つに分けています。最も注目を浴びている言語ベースの生成モデルは大規模言語モデル(LLM)で、これは文章やマーケティングコンテンツの生成、コードの記述、翻訳、さらには遺伝子配列の決定にも使うことが可能です。視覚的な使い道としては、3D画像やアバター、ビデオ、グラフ、その他イラストレーションの生成があります。音楽や人の声の生成など、聴覚的な生成AIも近年発展を見せています。

オープンAIは2023年9月25日、ChatGPTに音声と画像関連の機能を追加しました。これによりユーザーは、ChatGPTと会話をしたり、モデルへの説明のために画像を使用することが可能となりました。例えば、ユーザーは冷蔵庫の中の写真をChatGPTに見せることで、夕飯の献立の提案を受けたり、そのレシピの詳細を聞いたりすることができます。

エヌビディアはまた、生成モデルが成功するためには、品質、多様性、スピードが必要だとしています。

トレーダーはどのようにしてこの革命的な技術に投資すればいいのでしょうか。純粋な生成AI銘柄は非常に限られていますが、多くの名だたる企業がAI技術を利用し、生成AIに対して投資しています。

注目の生成AI(ジェネレーティブAI)関連株5選

ここでは、注目すべきAI関連銘柄を5つご紹介します。(価格と株価推移は2023年10月27日時点の引用です。過去の値動きは、将来の株価動向を示すものではありません。)

  1. マイクロソフト(MSFT)
  2. アルファベット(GOOGL)
  3. インターナショナル・ビジネス・マシンズ(IBM)
  4. アドビシステムズ(ADBE)
  5. インテュイット(INTU)

マイクロソフトは世界有数の最先端技術企業で、全世界で22万1000人の従業員を擁しています。同社はソフトウェア、サービス、端末、ソリューションを開発・提供しており、AIが今世紀最大の技術と見て多額の投資を行っています。

同社はオープンAIと長期的なパートナーシップを結んでおり、2019年と2021年に続き、2023年1月にはオープンAIに100億ドルを出資しました。この提携により、スーパーコンピューティングシステムを開発してオープンAIのAI研究を加速させ、その結果得られた高度なAI技術を商業化することを目的としています。また、同社はオープンAIのモデルを家庭用および企業向けの製品に組み込む予定です。

同社のAzure OpenAI ServiceはLLMを展開、カスタマイズ、ホスティングするクラウドソリューションであり、GPT-4モデルと画像生成モデルのDALL-Eをサポートしています。さらに、自社開発のチャットボットである、BingAIも提供しています。

同社の株価は7月18日に52週高となる366.78ドルをつけた後、やや下落傾向にあります。年初来では37.5%の上昇となっています。

2023年8月31日時点で、アルファベットは時価総額世界第4位の企業でした。同社は生成AIをGoogle Cloudやビジネス向けのWorkspaceなど、様々なサービスに展開しています。同社の生成AIポートフォリオによって、ユーザーは文章やアートの生成、AIによって拡張された検索エンジンの構築、長文のチャットやメール、レポートのわかりやすい要約などが可能となります。

また、コードの記述、アイデア出し、様々な対象の比較ができる、自社開発のLLMベースのチャットボット、Bardもリリースしました。同社の生成AIサービスを活用している企業には、ウェンディーズ、UKG、GitLabなどがあります。

同社の株価は年初来で38.5%上昇しています。

IBMは全世界で統合ソリューションやサービスを展開するテクノロジー企業です。主な事業領域はソフトウェア、コンサルティング、インフラストラクチャー、ファイナンシングの4つに分かれています。また、企業向けに、デジタル労働、IT化、サイバーセキュリティの自動化、AIインフラなど、様々な用途をサポートするAIソリューションを提供しています。

同社の生成AI関連の製品には、コードの記述、マッチング、モダナイゼーションをサポートするIBM Watson Code Assistantがあるほか、AIコンサルティングサービスも提供しています。

他の大型テック株とは反対に、同社の株価は年初の4カ月間で10%以上下落しました。その後回復はしたものの、年初来5%高と、ほぼ横ばいとなっています。

アドビは世界に28,000人の従業員を擁する、グローバルソフトウェア企業です。ソリューションとして、Adobe Creative Cloud、Adobe Document Cloud、Adobe Experience Cloudなどを主に提供しています。

同社は2023年3月にクリエイティブ向けの生成AIモデルであるAdobe Firefly Betaの提供を開始しました。また5月には、同社のFireflyと、Googleが実験的に提供しているAIサービスであるBardとの連携を発表しました。同サービスのテキストベースの画像生成(Text to image)機能の強化と向上を図ることが、この提携の目的です。

Fireflyは100以上の言語を用いたテキストプロンプトを理解でき、画像の生成、画像内のオブジェクトの削除と追加、異なる色のバリエーションの作成、3Dオブジェクトからの画像生成などを可能にします。同社はFireflyの無償版と有料版を提供しています。

株価は2023年5月以降好調に推移しており、年初来では51%上昇しています。

インテュイットは個人、中小企業、会計事務所向けに、財務管理・コンプライアンス製品を提供しています。提供する製品にはTurbo Tax、Credit Karma、Quickbooks、Mailchimpなどがあります。

同社は2023年6月、会計に特化したLLMを基に独自開発したAI基本システム、GenOSをリリースしました。これは、税務や会計、マーケティング、キャッシュフロー、家計に関する問題の解決を助けるサービスです。また9月には、消費者や中小企業に財務に関する助言を行う生成AIアシスタント、Intuit Assistを発表しました。

同社の株価は年初来で23.2%上昇しています。

この5銘柄を取引するには

IG証券で口座を開設すれば、CFDで株式を簡単に取引することができます。

  1. 取引システムにログインし、個別株口座を選択します。
  2. 次に、取引したい銘柄名を検索し、取引チケット上で「買い」または「売り」を選択します。
  3. ロット数を選択し、「注文確定」で取引を確定します。

※詳しくは、株式CFDについてのページをご覧ください。または、コールセンターまでお問い合わせください。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。