ボリンジャーバンド

A - B - C - D - E - F - I - L - P - R - S - V - W - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

用語集一覧はこちら

ボリンジャーバンドとは1980年代にテクニカルトレーダーのパイオニアであるジョン・ボリンジャーによって考案された指標で、人気のあるテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドは、市場の移動平均線と、その上下に値動きの幅(価格帯)を示したテクニカル指標です。各価格帯(またはバンド)は、市場の移動平均線からの標準偏差を表します。

市場の変動性が高まると、ボリンジャーバンドの幅は拡張します。変動性が低くなると縮小します。このように、ボリンジャーバンドがあれば、トレーダーは短期間の変動を超えて予測することが可能になり、トレーダーは価格の長期的な変動を予測することができます。

ボリンジャーバンドを使用すると、その銘柄が買われすぎなのか、売られすぎなのかが判断できます。市場の価格が継続的にボリンジャーバンドの上限よりも外側を移動している場合、それは買われ過ぎと考えられ、ボリンジャーバンドの下限よりも下を移動している場合、それは売られ過ぎと考えられます。

ボリンジャーバンドは非常に便利で有益なテクニカル指標ですが、うまく活用するにはテクニカル分析を理解する必要があります。詳細は、テクニカル分析をご覧ください。

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com