外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

ボラティリティの定義

ボラティリティとは

ボラティリティは、一定期間における資産価格の変動を統計的尺度でとらえた指標です。金融市場では一般的にリスクを評価する際に用いられます。ボラティリティが高いほど、リスクも高いと考えます。

上下に変動の激しい相場では取引量が多く、それゆえ予期せぬ価格変動を起こす可能性が高いと考えられています。一方、ボラティリティの低い市場は安定した状態にあり、大きな価格変動は発生しません。

多くの投資家はボラティリティの動向を標準偏差で評価します。または、資産価格の変動と指数のそれと比較することでボラティリティを評価する方法もあります。

リスク管理について学ぶ

リスクを抑えるためにどのような対処方法があるのかを見ていきましょう。

ボラティリティの長所と短所

ボラティリティの長所

ボラティリティが高い時、資産価格は上下に大きく変動します。よって、投資家にとっては利益を得る機会が増えます。

特に秒もしくは分単位の価格変動から利益を得ようとするデイトレーダーにとって、ボラティリティの動向は非常に重要な指標となります。ボラティリティが低い状況では、デイトレーダーが利益をあげることは難しいと言われています。

ボラティリティの短所

原則として、高いボラティリティには大きなリスクが伴います。なぜなら、市場が上下に不安定に振れているためです。

しかし、ボラティリティとリスクを全く同じ概念ではありません。確かにボラティリティはリスク指標として用いられます。しかし、特定の資産のボラティリティをリスク特性に照らし合わせることで、損失を回避する可能性を高めることもできます。投資家が取引戦略を決める際、一定期間のマーケットボラティリティを参考にリスクだけでなくリターンを分析することができます。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを
通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。

A - B - C - D - E - F - I - L - M - O - P - R - S - T - V - W - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

用語集一覧はこちら

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com