よくある間違い

準備不足

簡単に利益を得られると
思い込むこと

取引の結果良い思いをする人がいかに少ないかを知ったら驚かれるかもしれません。潜在的な利益を計算しない人がいるでしょうか?得た利益の使い道まで考えている人もいるかもしれません。

損失を被る可能性を常に念頭に置いておくことが大切です。取引に使用するのは本物のお金、それもお客様自身のお金であり、それを失う可能性は常にあるのです。

十分に準備をして取引プランに従う場合、成功に対して少し自信を持つことができます。ただし、何でもそうですが、自信過剰は過ちの原因になるため、自身の期待値をしっかりコントロールすることが大切です。ただ座っているだけで利益が転がり込んで来ると思わないでください。

取引は子供の遊びではありません。もしそうだとするなら、チャレンジはどこにあるのでしょうか?金融マーケットを甘く見ず、取引手法に慣れる過程で避けられない失敗があることも考慮しておきます。