検索
40年の歴史
世界約152,600名の顧客
15,000以上のCFD銘柄を提供

ノースリッページ注文

新リスク管理ツール
「ノースリッページ注文」登場


どんな状況でも100%指定レートで決済
わずかな保証料で利用可能。是非お試しください。

  • 予想以上の損失を出すことはありません
  • 金融危機発生時のような急変動時にも指定レートで決済
  • スリッページの不安から解放され安心してトレードできます
  • わずかな保証料で100%のリスク・プロテクション
  • 例えば、ドル円1ロット取引(10万通貨)の場合、保証料は1,000円程度です*
  • ノースリッページ注文が発動されなければ保証料はチャージされません

*2017年7月10日現在

  • ノースリッページ注文を日本で提供しているのはIG証券だけ
  • 保証料で安心を手に入れる - 日本では全く新しいリスクマネジメント・ソリューション

ノースリッページ注文とは?

ポジション決済専用のストップ注文です。
一定の保証料(プレミアム)をお支払いただくことにより、ご指定のレートで確実に決済されます。

ストップ注文とノースリッページ注文の違いと利点

  • 通常のストップ注文は指定価格に到達後、成行注文によって約定レートが決定されます。このため、必ずしも指定価格と同一水準で約定するとは限りません。マーケットの状況によっては、指定価格よりも不利な水準で約定し(スリッページリスク)、損失額が増大する場合があります。
  • 一方で、ノースリッページ注文には、スリッページリスクがありません。
  • ノースリッページ注文が設定されたポジションは、マーケットが指定価格に到達した際に、必ず指定価格と同一水準で決済されることが保証されます。
  • ノースリッページ注文を使えば、マーケットの状況に関わらず、スリッページによって損失額が増大することはありません。


 

損失リスクの限定と維持証拠金額の考え方

  • ノースリッページ注文が設定されたポジションは、マーケットがお客様に不利な方向に急変した場合でも必ず指定価格で清算されますので、ポジションリスク(最大損失額)が限定された状態となります。ノースリッページ注文が設定されたポジションを保有するために必要な維持証拠金は、「ポジションの最大損失額」となります。
  • ノースリッページ注文は「指定レートでのポジション決済」を保証するものです。ポジションの損益通貨が口座通貨(通常は日本円)と異なる場合、損益通貨から口座通貨への換算レートの変動は保証されません。

「維持証拠金額」の計算方法

ノースリッページ注文が設定されたポジションから最も大きな損失額が発生するのは、「ノースリッページ注文が約定した場合」です。ノースリッページ注文が約定した場合(マーケットが指定価格に到達した場合)には、保証料の徴収が発生します。「ポジションの最大損失額」は、以下の2つの要素の合計額となります。

(1) 売買取引による最大損失額
「ポジション保有レートとノースリッページ注文の指定レートの差額」×取引数量×1ポイント損益額

(2)保証料
「1ロットあたり保証料(追加スプレッド)」×取引数量×1ポイント損益額(1ロットあたり保証料(追加スプレッド)は取引チケットに表示されます)

<ご注意>

  • 取引対象銘柄に「法定証拠金率」(※)が適用される場合、維持証拠金額は「法定証拠金額」未満にはなりません。
  • 個人のお客様のFX、株価指数CFD、商品CFD、株式CFD、債券CFD取引、および法人のお客様のFX取引には、法令で最低証拠金率が定められています。

ネットで簡単に申し込みできます!

IG証券の口座開設は、4ステップで完了する簡単なお手続きです。
まずは、お手元に運転免許証などの本人確認書類をご用意ください。

こちらの情報もご覧ください

  • リスク管理ツール

    IG証券では様々なリスク管理ツールをご用意しております。
    これらツールを利用することで、急激な相場の変動による損失の拡大を未然に防ぎ、快適にお取引出来ます。

  • プライシングテクノロジー

    IG証券の取引プラットフォームは、スピード、安定性、そして有利な価格での約定を考えて設計されています。

  • IG証券について

    IG証券は、ロンドンに本拠地を構え40年の歴史を持つグローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

Email:sales.jp@ig.com