外国為替と株式:どちらを取引すべきか?

外国為替と株式はともに多くの投資家が参加する市場です。これらの市場に参加する際は、投資スタンスやリスク許容度を把握する必要があります。この記事では、外国為替と株式の両市場を比較することでそれぞれの特徴を説明します。

Source: Bloomberg

外国為替と株式:どちらを取引すべきか?

外国為替と株式はともに多くの投資家が参加する市場です。これらの市場に参加する際は、投資スタンスやリスク許容度を把握する必要があります。このサイトでは、外国為替と株式の両市場を比較することでそれぞれの特徴をご説明します。

取引時間

取引時間は取引スタンスや戦略に大きな影響を及ぼします。

外国為替は完全にグローバルなマーケットです。このため投資家は1日24時間、週に5日取引を行うことができます。十分な取引機会がある一方、マーケットを見ることができない時間帯に急変動するリスクがあります。外国為替を取引する場合は、常にストップ注文を付加することでリスク管理を行うことが重要です。

外国為替の取引に最も適している時間帯は、欧州勢と米国勢が同時に参加する時間帯です。この時、外国為替の取引は最も活発になります。GBP/USD取引を例にとると、ロンドン時間の午後12時から午後4時の間は、ロンドンとニューヨークの取引時間が重なっています。流動性が高まると取引が増加し、スプレッドのコストも低下します。

一方、株式の取引時間は、その国の取引所が開いている時間帯に限られます。しかし、最近では取引時間が延長される傾向にあり、取引所が閉まっている時間帯でも取引することができるようになっています。

株式CFD取引について更に詳しく

マーケットの影響

外国為替や株式を取引する前に注意するべきは、価格の変動要因です。主に需給が変動要因となります。しかし、他にも多くの変動要因があります。

株式取引を行う際は、対象の株式に影響を及ぼす要因(例えば会社の債務状況、キャッシュフロー、利益予想等)、経済データ、ニュース記事、またはセクターの動向を詳細に把握する必要があります。

一方、外国為替取引を行う際には、株式以上に多くの要因が価格に影響を与えます。よって、カバーする範囲も広くなります。一般的には失業率、インフレーション、国内総生産(GDP)といったマクロ経済の状況を考慮に入れる必要があります。また、政治の状況にも注意を向ける必要があります。さらに外国為替取引はある通貨を売却すると同時に別の通貨を買います。よって、二つの国の景気動向や政治状況に注意する必要があります。

外国為替を取引する理由

流動性

流動性とは、通貨や株式を売買することができる容易さを表す言葉です。投資家の数が多ければ多いほど流動性が高い市場と言えます。流動性が高まると売買がすぐに成立するため、流動性の動向は常に把握しておく必要があります。

外国為替は世界で最大かつ最も人気のある金融市場です。非常に流動性が高く、毎日何兆ドルもの出来高があります。

外国為替の流動性は欧州勢や米国勢の参入により高まる傾向があります。また、通貨ペアによって大きく異なります。取引高の大部分は8つの通貨ペアが占めています。国際決済銀行のデータによると、米ドルはすべての外国為替取引の約75%に関与しています(2016年)。

外国為替と比較すると株式市場の取引高は少ない傾向にあります。しかしAppleMicrosoftFacebookといった世界的な企業の株式(いわゆる優良株)は、常に買い手や売り手がいることから高い流動性を確保しています。一方、優良株以外では流動性は著しく低下します。

ボラティリティ

ボラティリティとは、価格変動の大きさ示す指標です。ボラティリティが高いマーケットでは価格が急速に変化します。一方、ボラティリティが低いマーケットでは価格が緩やかに変化する傾向があります。

外国為替市場では価格が上下に大きく変動するケースが見られます。外国為替市場で行われている膨大な取引は、急速に価格を変動させる場合があります。外国為替取引を行う際は政治的、経済的および社会的事象により突然価格が変動することがあります。このため最新の情報を常に得ることが重要です。

株式市場では、時間をかけて価格パターンを追跡できます。また、ボラティリティの期間を予想することができ、特に国内における政治状況に敏感に反応する傾向があります。例えば、米中貿易摩擦の悪影響が意識され米国の代表的な株価指数であるDow Jonesは2018年3月に急落しました。

ボラティリティの拡大は取引機会を提供する一方でリスクも増します。このため損失を防ぐための措置(ストップ注文の付加)を講じることが重要です。

レバレッジ

レバレッジ取引では、少ない資金で効率的に取引を行うことができます。CFDならばあらゆる市場で取引ができます。

レバレッジ取引は通常の取引と比較し収益の拡大チャンスが広がる一方、損失が拡大するリスクもあります。よって、もろ刃の剣と言えます。

このためエクスポージャーの規模を把握し、リスクを管理することが重要です。

空売り

外国為替市場と株式市場どちらの市場に参入するにせよ、空売りが可能かどうかは最終的な利益に大きな影響を与えます。空売りが可能であれば、下落局面でも利益を上げることができます。

外国為替取引はある通貨を買う場合、別の通貨を売ることになります。このため下落局面を利用することで利益獲得のチャンスが広がります。

一方、従来の株式投資では、最初に買いポジションを保有することが基本でした。しかし、CFDなどの金融派生商品により、空売りが可能となりました。空売りを上手く利用することで利益獲得のチャンスが広がりました。

外国為替と株式どちらを取引すべきか

外国為替と株式、どちらの市場で取引きすべきか?それぞれの市場に特徴があるため明確な答えはありません。その決断は投資家の取引スタイルやリスク許容度によって決定されます。

取引の際は、自身の取引スタイルと目標を明確にする必要があります。短期トレードのスタイルで利益獲得を目標とする場合、外国為替取引のデイトレードやスキャルピングが適しています。一方、短期から中期的スパンでの取引スタイルを嗜好し、確実に利益獲得を目標とする場合は株式取引が適しています(ディフェンシブ銘柄や高配当銘柄への投資)。

こんなに豊富なIG証券のCFD銘柄?10,000銘柄以上

外国為替、日本株・外国株、株価指数、債券先物、商品(エネルギー、農産物、貴金属)など多彩な資産クラスをFX取引、CFD、バイナリーオプション、ノックアウト・オプションで提供

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD
売値
買値
更新時間
変動値
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
売値
買値
更新時間
変動値

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。