40年以上の歴史
世界約185,000名の顧客
15,000以上のCFD銘柄を提供

株価指数

株価指数とは

株価指数は、ある市場もしくは業種における特定銘柄の平均株価を算出したものです。

株価指数は、産業、業種、経済といった数々のサンプルが入った、株の「バスケット」のようなものです。それら株の集合的変動が、市場全体の傾向を示す分かりやすい指標となります。

投資家は、一般的な株式市場の価格変動追跡と同様、株価指数においても便利なベンチマークを利用することで、投資信託や株式資産など投資媒体の達成度を測ることができます。

主要株価指数は、産業、業種、または国全体の株式市場変動を評価する上で最適な方法です。

注目の株価指数

株価指数の種類

 

グローバルまたはワールド株価指数

本株価指数には世界最大手企業が含まれます。例えば、MSCIワールドインデックスは、(プロバイダーであるMSCIにより定義された)世界における全先進国市場から選定された1500株を計測する株価指数です。この株価指数はしばしば、グローバル株式ファンドのベンチマークとして使用されます。

国内株価指数

本株価指数は特定の国における株式市場変動を示すもので、その市場に上場する株式に対する投資家の感情が反映されています。例えば、日経平均株価は東京証券取引所第一部に上場する225社の株価を対象としています。

業種別株価指数

本株価指数はより専門的で、特定の業種または産業の動きを追うことを目的としています。例えば、モルガンスタンレー・バイオテクノロジー株価指数は、アメリカのバイオテクノロジー産業における36社を追跡する株価指数です。

その他の指数

株価指数と同様、その他の金融市場においても、経済に影響を与える指数が存在します。特に重要なものは以下のとおりです:

通貨インデックス
米ドル指数は、特定外貨に対して米ドルの価値を計測する指数です。 

商品指数
継続商品指数は、継続してリバランスされる17種の商品先物を含む価格指数です。

センチメント指標
CBOE(VIX)指数は、短期間のボラティリティを予測する指数です。予測はS&P500のオプション価格を元に算出されます。

 

株式市場指数は様々な方法で分類することが可能です。詳細は左の代表的な例をご覧ください。

株価指数の取引方法

株価指数はそれ自体が製品でないため、直接取引することはできません。株価指数の目的はあくまで情報提供であり、指数の一部を購入したり売却したりすることはできません。

その代わり投資家は、CFD、先物、オプションなどデリバティブにより株価指数の取引を行います。実は、株価指数はCFDにおいて最もポピュラーな取引形態です。

IG証券では、株価指数CFDや株価指数バイナリーオプションの2種類の株価指数取引手段を提供しており、多くの銘柄が証券取引所がクローズ後も取引可能です。詳細は詳しくはIG証券のサービスから株価指数CFDまたはバイナリーオプションのページをご覧ください。

株価指数は単なる株式の一覧です。株の購入と同じ方法で株価指数を購入することはできません。