デキダカカジュウヘイキントリヒキ(出来高加重平均取引/VWAP/ Volume Weighted Average Price)

A - B - C - D - E - F - I - L - P - R - S - V - W - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

用語集一覧はこちら

VWAPとは売買高加重平均価格のことです。当日の取引所で成立した価格を価格ごとの売買高(出来高)で加重平均したものをいいます。主にパッシブ運用の投資家が売買時の目標値として用いています。VWAPは総取引量に対する株価の比率を反映します。

VWAPの計算式は以下となります。

VWAP = ∑(約定株数×株価)÷約定株数の総数

投資家は、株式市場におけるすべての取引が出来高と一致していることを確認するためにVWAPを使用しています。VWAPは安く売りすぎたり高く買いすぎたり、または売買が成立しなかったりというリスクを抑えることができます。これは流動性が高いこと意味し、高い流動性は取引コストをさげることにつながるとVWAPを取引する投資家は考えています。

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com