外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

VWAP・出来高加重平均取引の定義

VWAPとは何か

VWAPt取引は出来高加重平均取引のことです。VWAPは資産価格と総取引量の比率を示すテクニカル分析のひとつです。VWAPを用いることで、投資家は一定期間に取引された資産の平均価格を測定することができます。
通常、VWAPは年金機構や投資信託会社といったパッシブ運用を目的とする投資家が好んで使用します。また、相場のトレンドを把握したい投資家、最良の価格で売買されたかどうかを確認したい投資家も使用する場合があります。

VWAPの計算式

VWAP=Σ(購入数×資産価格)÷1日の総出来高
通常、VWAPは特定の取引日の注文をまとめて計算されます。しかし、複数の時間枠に分けて計算する場合もあります。
VWAPはチャート上に線(ライン)で表示されます。価格がVWAPラインを上回ったときは、相場が上昇トレンドにあると考えます。逆に価格がVWAPを下回ったときは、下降トレンドにあると考えます。見方は移動平均線と似ています。

マーケットデータ

リアルタイムプライス、チャート、マーケット分析などIG証券が提供するマーケットデータはこちら

VWAPの長所と短所

VWAPの長所

VWAPはアルゴリズム取引で使用され、市場の規模に従い最良の価格を判断する際に役立ちます。取引に際し、高い流動性は取引費用の削減と最良の売買価格を投資家に提供します。

VWAPは、大量の株式を取引する場合に便利です。なぜなら、ある株式を大量に売買することは、人為的な価格の操作に繋がる可能性があるからです。VWAPを使用することにより、投資家は資産の取引量を適切にコントロールすることができます。また、約定の可能性を向上させることにも役立ちます。

VWAPの短所

短所もあります。例えば、VWAPは一日をとおして増加する膨大なデータセットに依存しています。また、移動平均線と同じく、実際の相場を正確に反映しない場合があります。多くの投資家は1分足または5分足でVWAPを使用する傾向にあります。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを
通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。

A - B - C - D - E - F - I - L - M - O - P - R - S - T - V - W - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

用語集一覧はこちら

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com