ジシャカブガイ・自社株買いの定義

自社株買いとは

株式を発行した企業自身が流通市場で自社の株式を買い戻すこと-これを自社株買いといいます。自社の株式を買い戻した後に消却することができます。これにより発行済み株式数が減少することから、1株当たりの利益や資産価値を向上させることができます。また、株高要因になることもあります。

株式CFDの取引方法、株入門

株式CFDを取引する前の入門編として、ファンダメンタルを用いた取引計画の立て方などを見ていきましょう

自社株買いをする理由とは

自社株買いにはいくつかの目的があります。多くの企業が自社株買いを行う理由は、株式が過小評価されていることをシグナルとして発信することにあります。そのシグナルが正確に市場に伝わる場合、株価は上昇します。また上記のとおり、自社の株式を買い戻した後に消却すれば発行済み株式数が減少し、1株当たりの利益や資産価値を向上させることができます。

1株当たり利益(EPS)は、純利益を発行済株式数で割って算出します。よって、自社株買い後の消却により株数が減少すれば、EPSは上昇します。例えば、会社の純利益が100万ドルで発行済株式数が1万株の場合、EPSは100ドルになります。しかし、同社が自社株の一部を買い戻せば、EPSは上昇します。

注意すべき点は、投資機会が不足している、または将来の成長性が見込めないために自社株買いを行う企業があるということです。

自社株買いの例

ABC社の発行済み株式数は1万株であり、純利益は100万ドルでした。よってEPSは100となります。(100万ドル÷1万株)。翌年、ABC社は2000株の自社株買いを行い、その後取得した株式をすべて消却しました。これによりEPSは125に上昇しました(100万ドル÷8,000株)。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com