ジョウスウコウカ・乗数効果の定義

乗数効果とは

乗数効果は、マネーサプライの変化が経済活動に与える影響を説明するために使用される経済用語です。個人、政府または企業が支出を行うと、トリクルダウン効果が発生します。その影響は最初の作用よりもはるかに大きくなる可能性があります。

マーケットデータ

リアルタイムプライス、チャート、マーケット分析などIG証券が提供するマーケットデータはこちら

乗数効果の例

乗数効果は、政府の支出、輸出収入、個人消費などのさまざまな形態で生じます。乗数効果に関する2つの具体例を参照してください。

銀行の貸出

顧客が銀行に預金をすると、銀行は一定の割合で支払準備金を保有します。同時に残りの預金額を他の顧客に貸し出します。資金を借りた企業や個人は様々なかたちでそれらを運用します。最終的には貸し出された資金は他の銀行に預金されます。

新しい預金の一部は新しい銀行によって(支払準備金のために)保有され、一部は再度貸し出されます。このプロセスが繰り返されることで当初の預金額が増加していきます。

会社の支出

ある会社が新たな設備投資で一定の成功を収めた場合、その会社と取引関係にある他の会社の取引が増えるという効果があります。

企業間取引が活発化すれば従業員の給与が上がり、個人消費も増加します。このように、会社の支出がプラスの影響を及ぼすことで当初の支出額以上のプラスの効果を経済全体にもたらすことになります。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを
通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com