マーケットメーカーの定義

マーケットメーカーとは?

マーケットメーカーとは、流動性を提供し金融市場がスムーズに機能することを目的に、特定の資産を大量に売買する市場参加者のことです。個人がマーケットメーカーになることも可能性としてはあります。しかし、必要な取引量を実現するためには取引対象資産の量が膨大になります。このため一般的には機関投資家がマーケットメーカーとしての役割を果たします。

マーケットメーカーは、取引を行う資産を一定量保有し、売りおよび買いの呼び値を示し、迅速にその価格で約定させることで円滑な取引環境を構築します。

マーケットメーカーが最もよく活動するのは株式市場ですが、他の市場で活動することもあります。株式市場の場合、マーケットメーカーが株式を売却できる量は、マーケットメーカー自身で取得できる量だけに限られます。一方でマーケットメーカーは、有価証券の最小数量(NMS)を遵守する義務もあります。なおNMSは株式ごとに異なります。IG証券では、流動性の低い株式の価格付けにマーケットメーカーを利用しています。

このマーケットメーカーという言葉の意味は、需要と供給のバランス確保に必要なレベルで市場価格を設定しようとする行動に由来しています。市場の変動が激しくなっても、マーケットメーカーには、引き続き安定的に活動し、市場のパフォーマンスに責任を負うことが求められます。これはマーケットメーカーが多大なリスクを取ることを意味します。だからこそマーケットメーカーは、お客様の取引を可能にするように資産のスプレッドを維持することで利益を獲得し、価格が下落する可能性のある資産を購入するリスクを相殺しているのです。

マーケットメーカーの例

マーケットメーカーが1株当たり100円(売呼値)で100株をお客様から購入します。その上でその株式を買い手に1株101円(買呼値)で売却します。1株当たりの利益はわずか1円ですが、取引のボリュームが多ければ利益は一気に跳ね上がります。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com