イチモクキンコウヒョウ・一目均衡表の定義

一目均衡表とは

一目均衡表は、1936年に細田悟一氏と約2,000人のスタッフが共同で考案したテクニカル指標のひとつです。発祥は日本ですが、海外の投資家も使用している有名な指標です。

テクニカル分析ツール

様々なテクニカル指標を搭載したWEB取引プラットフォームの詳細はこちら

一目均衡表は転換線、基準線、2本の先行スパンそして遅行スパンの5本線を使用して相場のトレンドや先行きを予測します。

  • 転換線は9日間の最高値と最安値を足し、2で割ったものです。
  • 基準線は26日間の最高値と最安値を足し、2で割ったものです。
  • 先行スパン1は転換線と基準線を足し、2で割ったものです。雲を形成する2つの線のうち、上部の線を指します。
  • 先行スパン2は52日間の最高値と最安値を足し、2で割ったものです。雲を形成する2つの線のうち、下部の線を指します。
  • 遅行スパンは、過去26日前の終値を示しています。当日の転換線と当日の基準線を足して2で割って算出されます。

取引に一目均衡表を用いる理由

一目均衡表は、5本の線の状況から現在のトレンドやその強さだけでなく、将来の動向を予測する上でも有効な指標と考えらえています。

また、他の指標と併用できるという利点もあります。

一目均衡表の例

先行スパン1が先行スパン2より上の水準にある場合は上昇トレンドを示しています。2つのラインの間には雲が形作られ、通常は緑色で表示されます。一方、先行スパン2が先行スパン1より上の水準にある場合は下降トレンドを示しています。雲は通常赤色で表示されます。

また、転換線が基準線を上方にブレイクする時は、相場の上昇圧力が高まっていると判断します。逆に転換線が基準線を下方にブレイクする時は、相場の下落圧力が高まっていると判断します。

一目均衡表の中で、最も強い上昇シグナルを示すのが「三役好転」です。①転換線が基準線を上方にブレイクする、②ローソク足が雲を上方にブレイクする、③遅行スパンがローソク足を上方にブレイクする場合「三役好転」が示現したと判断します。逆に最も強い下落シグナルを示すのが「三役逆転」です。これが示現する時、その銘柄は三役好転とは逆の状況になっています。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com