ギアリング比率の定義

ギアリング比率とは

ギアリング比率は、財務の健全性(安全性)を測る指標の一つです。「負債比率」や「レバレッジ比率」とも呼ばれます。
ギアリング比率は、通常パーセンテージ(%)で表記されます。25~50%が最適なギアリング比率とされています。50%以上だと財務リスクがかなり高いとみなされます。一方、25%以下だと財務リスクがかなり低いとみなされます。

株式CFDの取引方法、株入門

株式市場の仕組みや取引計画の立て方を学ぶ

ギアリング比率が高い企業は、自己資本に対して負債がかなり多い状況となっています。よって、景気後退や金利の上昇のような局面では、財務リスクが増大します。最悪の場合は倒産することもあり得ます。
そこでギアリング比率が高い企業は以下の方法で比率を下げようとします:

  • 利益を増やす
  • 新たな株式を発行して資本を調達する
  • コスト削減を行う

上記の方法の中で、ギアリング比率が高い企業は株式の発行をとおして比率を下げる傾向があります。株主資本とは、株主が出資した「資本金」に加えて、「資本準備金」、「資本剰余金」、「利益準備金」そして「利益剰余金」で構成されます。貸借対照表では「資本の部」にあたります。

ギアリング比率の例

ギアリング比率を見る際に最も使用される財務指標は、負債資本倍率(DEレシオ)です。この比率は、企業が抱える有利子負債を自己資本(株主資本)で割って算出されます。

たとえば、ある会社の負債が20億ドル、株主資本が10億ドルの場合、ギアリング比率は2倍(200%)です。つまり、株主資本1ドルあたり2ドルの負債があるということです。

ギアリング比率の長所と短所

ギアリング比率の長所

ギアリング比率は、長期の支払い能力を測る際に有益な指標です。このため、銀行や有利子負債額の多い企業の健全性を分析する際に用いられることがあります。

ギアリング比率の短所

ギアリング比率である程度財務の健全性を測ることはできます。しかし、多額の有利子負債が必ずしも企業価値を損なうわけではありません。負債を利用することで設備投資をし、将来収益の増大につながる可能性があるからです。財務の健全性を考える上では、利益で借入金の利息をまかなえているかを示す指標-インタレスト・カバレッジ・レシオ(営業利益÷支払い利息)があります。このような指標と併用して財務分析をすることをおすすめします。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com