ベーシスポイント

A - B - C - D - E - F - I - L - P - R - S - V - W - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

用語集一覧はこちら

ベーシスポイント(bpとも呼ばれ、ビップまたはビープと発音します)は、金利の変動やその他の指標の動きを表すために取引で使われる単位です。1ベーシスポイントは、1パーセントの百分の1、すなわち0.01%になります。

ベーシスポイントが使用される理由は、取引で使用される指標の変動が1%以下の単位で発生することが多いためです。たとえば、中央銀行の政策金利は、たとえわずかなベーシスポイントの変動であっても、金融に及ぼす影響は相当大きなものになります。同様のことが、債券など資産の利回りについても当てはまります。利回り付きの資産に10,000ポンドを投資した場合、各ベーシスポイントの動きは、100ポンドの利益と等しくなります。

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com