アット・ザ・マネーの定義

アット・ザ・マネーとは

アット・ザ・マネー(ATM)とは、オプション取引の用語のひとつです。

ATMには本質的価値はありません。権利行使された場合、オプションのプレミアムにより損失が発生する場合があります。一方で原資産価格がATM以上/以下の水準になると、本質的価値が発生します。

オプション取引では、オプションの「本質的価値」を表す言葉として、アウト・オブ・ザ・マネー、アット・ザ・マネー、イン・ザ・マネーの3つがあります。原資産価格が権利行使価格と等しい場合、アット・ザ・マネーといいます。原資産価格が権利行使価値を下回っていればアウト・オブ・ザ・マネー、上回っていればイン・ザ・マネーとなります。これらの条件は、コールオプションとプットオプションの両方に適用されます(コールオプションの場合)。

アット・ザ・マネーの例

投資家が12ドルの権利行使価格でコールオプションを購入することを決めたとしましょう。原資産価格も12ドルである場合、オプションはアット・ザ・マネーです。原資産価格がこの価格を超えて上昇する場合は価値が発生するためイン・ザ・マネーになります。反対に原資産価格が下落し権利行使価格以下の水準となる場合はアウト・オブ・ザ・マネーになります。このケースでは権利行使することはできません。

次にプットオプションの取引例を考えてみましょう。12ドルの権利行使価格でプットオプションを購入することを決めた場合、原資産価格が12ドルであればアット・ザ・マネーになります。しかし、原資産価格が12ドルを下回る場合はイン・ザ・マネーになり、反対に上昇した場合にはアウト・オブ・ザ・マネーになります。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを
通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。

A - B - C - D - E - F - I - L - O - P - R - S - T - V - W - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

用語集一覧はこちら

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com