取引プランを立てる

取引プランのメリット

取引プランを実用的に役立てる方法が数多くあります:

 

計画を立ててリスク管理を強化する

お客様にとってハイリスクあるいはローリスクとはどの程度のものですか?これを先に定義することで、科学的なアプローチを使ってある取引がリスキーか否かを評価することができます。一取引に対するリスク(risk-per-trade)尺度は以下のようになります:

ローリスク:合計資本の1-2%
ミディアムリスク:合計資本の2-5%
ハイリスク:合計資本の5%超え
無謀:合計資本の20%超え

例:10,000英ポンドのうち、1取引のリスク量が3%だとすると300英ポンド(ミディアムリスク)になります。

リスクを数値化するには、リスクとリターンの比率を設定する方法もあります。その他リスク管理方法を含め詳しくは、 リスク管理の項をご覧ください。

事前に開始・終了戦略を確立する

多くの場合、新規取引や決済取引のタイミングが取引全体の中で最も緊張する瞬間で、十分な考慮が必要になります。

このときに、戦略ではなく感情的反応で決定を行うとリスクが高まります。そのため、明確な開始・終了基準や守るべきルールの確立が大きな助けとなります。

例えば、チャートで市場の傾向を追跡して、特定パターンが出現した際に取引を開始することだけを考えます。その他にも、終了時について、ポジションが変更したときに守るべき損益限度を確立することもできます。

感情に依存しない状態で確立したガイドラインがあるだけで、進行中の取引のプレシャーから解放され、大きな助けになることがあります。

 

意思決定は集中して合理的に行う

金融市場は時折急速に変動します。そんな時、急にどうすれば良いか分からなくなって決断を急ぎがちになります。

取引プランは、直面しうるジレンマを予想して事前に多くの意思決定を行っているので、このような状況において大切な基準となります。その場その場で判断をするより、計画に従って行動します。

取引プランを活用することで、取引から感情を排除することができます。一部の人は感情や直観によって利益を得ることもありますが、長い目で見たとき、成功は常にあらかじめしっかりと練った戦略が礎となっているのです。

継続的に取引を評価し、資本を管理する

取引プランにはしばしば取引ログや日記が含まれることがあり、それらは過去の取引を追跡したり、成功や失敗についてメモしたりするのに役立ちます。

取引ログは全体像を見るのに最適なツールです。一目で、取引履歴からこれまでの成功や失敗を確認することができます。

ここで重要なことは正直さと自覚ですが、失敗の繰り返しを回避し、過去の成功を思い出すのに最適な方法は、継続的に取引を評価するということです。

取引を簡素化して自制心を維持する

取引プランは、目標と自主制限を常に思い出させてくれるリマインダー機能を持ち合わせています。

計画を文書化することは、取引においける自制心を維持する上で非常に有効です。計画書を常に目につくところに置くことで、最初の計画から逸脱することはとりわけ難しくなります。机に置くか、必要であれば壁に貼り付けてください。

 

取引プランが必要な人は誰か

この質問の答えは簡単で、全員です。初めてのトレーダーから経験豊富なプロまで含め、取引プランを上回ったり超えたりしているとはっきり宣言できる人はいません。

経験によりもちろん、取引プランで活用できる範囲やメリットとなる部分が異なったりしますが、個々に適した方法で取引プランを利用することは間違いなく得策と言えます。

取引プランの利用方法はお客様次第ですが、次の項では取引プランにおいて不可欠ないくつかの情報をまとめています。また、取引プランや取引ログの例も紹介しています。

Q取引プランが必要な人は誰か?

A誰でも必要です。