トレーディングの成功を最大化する

誰もがトレーディングをうまく行えるわけではありません。ここではトレーダーの多くが損失を被る理由とトレーディングで収益を上げる可能性を高める方法について説明いたします。

レバレッジ取引の短期的な目標

レバレッジ取引の一種であるCFDは、通常、市場の動きを短期的な投機の視点でとらえます。数か月、数年の期間での投資として資産を購入して保持するのとは異なり、CFDポジションから大きな利息収益や配当収益を得ることはありません。

つまり、CFD、または先物やオプション、ワラントなどの他のレバレッジ商品を使用する短期取引は、「ゼロサムゲーム」です。取引手数料を除くと、短期の投機的トレーダーの純損益(P&L)の合計はゼロになります。収益を得たトレーダーの利益分は、損失を被ったトレーダーの損失分と等しくなっているのです。

トレーディング収益における意味

トレーダーが得る収益の分布は(取引手数料を除いた場合)、ゼロを中心とした正規分布(ベルカーブ)で表すことができます。損益の小さいトレーダーの割合が比較的多く、損益の大きいトレーダーは比較的少なくなっています。言い換えると、手数料が無料であると仮定した状態においては、損益ゼロを軸とした左右に、同じ数の利益を出したトレーダーと損失を出したトレーダーが分散しているのです。

取引手数料の影響

個人トレーダーから大手銀行、ヘッジファンドに至るまで、マーケットの参加者全員にとって、取引手数料は取引の避けては通れない部分となっています。通常の取引では手数料が発生するため、前述の正規分布は左にシフトします。これにより、CFDを含むすべての短期的な投機商品の標準的な結果では、平均的なトレーダーの損益は支払った取引手数料の合計分だけ損失となり、大部分のトレーダーが損失を被ることになります。

CFDトレーダーの場合、一般的に年間を通じて75~80%のトレーダーが損失傾向にあり、20~25%のトレーダーが収益を上げる傾向があります。

トレーディングから収益を上げる可能性を最大化する

トレーディングの成功には、高いスキルと市場のトレンドを読む優れた洞察力が必要ですが、トレーディングから収益を上げる可能性を最大化するための実行可能な特定の手順もあります。これらすべては、取引手数料を最低限にすることに重点を置いています。

  • 本質的に取引手数料が低いプロバイダーを選ぶ

    プロバイダーを選ぶとき、オーバーナイトファンド・チャージや手数料、およびスプレッドについて考慮する必要があります。プロバイダーの中には、非常にスプレッドを宣伝しながらも、高いオーバーナイトチャージを請求するところがあります。他にも、特にFX市場で言えることですが、非常に狭いスプレッドを採用する「ノーディーリングデスク」(NDD)サービスを売り込みながらも、取引に対して高い手数料をチャージしている場合もあります。IGは、市場で最も競争力があり透明性の高い取引手数料形態を提供することを重要視しています。

    当社の取引手数料の詳細をご覧ください

  • 約定力の高いプロバイダーを選ぶ

    約定能力が低いプロバイダーで取引することはトレーダーにとって別の取引手数料をチャージされることと同じです。手数料が低いプロバイダーでも、お客様の注文を確実に約定できないようであれば、流動性が高く、より確実な執行アルゴリズムを持つプロバイダーに変更することを検討すべきです。IGでは、できる限りお客様の利益を高めるという信念を持って、業界最高レベルの流動性を提供しております。

    当社の執行ポリシーがトレーダーのお客様にどんな益をもたらしているか、お客様がどれほど収益増加を見込めるかご覧ください

  • 支払う手数料を最低限にする取引スタイルを採用する

    例えば、少しの損益が取引手数料をわずかに上回るだけというのは、決して良いものとは言えません。この方法で頻繁に取引を行うと(一般的にスキャルピングと呼ばれます)、特定のマーケットの基調的な動きが正当化されない限り、全体的な収益は損失方向に向かってしまいます。反対に、オーバーナイトでのポジション保有と数週間の間という短期間におけるマーケットの値動きから収益を獲得しようとするスイング取引によって、スプレッドの支払い回数を最小限にしようとする場合もあります。

  • 明確な戦略とプランを持つ

    取引を行う際は下記のような明確な戦略とプランが必要です。

    • ポジションを持つ理由
    • 利益を上げているときに収益を確定するタイミング
    • 損失が出ているときに損失を確定するタイミング

    市場が刻々と変化していく中で、自分で設定したトレーディング・プランを維持していく一貫した姿勢を持つことが大切です。プランに沿った取引を行うことで、策定した戦略とマーケットへのエクスポージャーを最大化しながらも、取引の実行回数を抑えて、支払う総取引手数料を最小限にすることができます。

プロバイダー間でのお客様の収益の相違

利益を出したトレーダーと利益の出なかったトレーダーの割合は、プロバイダーによって異なります。これらの相違から、プロバイダーが請求する手数料の平均および約定力について有益な情報を得ることができます。

これらの相違を指標として慎重に活用する必要がある一方、他にも下記のようないくつかの要素があります。

1.提供商品の相違

個別株CFDの取引とFX取引では、利益を出したトレーダーと利益の出ないトレーダーの分布が異なる場合があります。この比率は、取引手数料や注文執行の効率といった特定の競争力の相違よりも、これらの異なる資産クラス間に特有な取引頻度および手数料の相違によるところが大きくなります。

2.クライアントサンプリングの規模

お客様の数が限られる非常に小さなプロバイダーでは、四半期ごとに大きく異なるお客様収益統計を提示することがあります。これは、四半期ごとの取引の推移やプロバイダーが提供する約定力ではなく、プロバイダーの小さなサンプル規模から引き起こされる統計ノイズが原因である可能性が高いと考えられます。

3.大量の取引

主要プロバイダーとして多くのトレーダーが利用する幅広い商品を扱う大手プロバイダーは、これらのトレーダーが不定期に利用する特定の商品に特化したプロバイダーに比べ、利益を出したトレーダーと利益を出していないトレーダーの比率が見かけ上悪くなることがあります。この理由は、大部分の取引が実行される前者のプロバイダーのトレーダーの実績は、後者の実績と比べ、より多くの取引に対して分散するためです。取引量が多くなると、正規分布の形状がよりシャープになり、トレーダーの割合が大きくなると、結果はゼロ損益軸の左側にシフトします。これは、取引ごとに同じ手数料を支払っている同じトレーダーが利益を出したり出さなかったりしている場合でも同様です。

IGアカデミー | CFD取引

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com