恐怖指数(VIX指数)とは?

恐怖指数(ボラティリティ・インデックス、VIX)は、市場のセンチメントを表すバロメーターの一つです。トレーダーにとって、VIX指数はリスクを評価するための有用な指標であり、ボラティリティそのものを取引するための指数でもあります。ボラティリティ取引の例やVIX指数をショートする方法など、VIX指数へ投資する方法をご紹介します。

新規口座開設に関するお問い合わせはこちらのフリーダイヤル0120-965-915(受付時間: 平日9:00~18:00) もしくは sales.jp@ig.comへお申し付けください

お問い合わせ:0120-965-915

新規口座開設に関するお問い合わせはこちらのフリーダイヤル0120-965-915(受付時間: 平日9:00~18:00) もしくは sales.jp@ig.comへお申し付けください

お問い合わせ:0120-965-915

恐怖指数(VIX指数)とは

VIX指数は、シカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)によって作成されたリアルタイム・ボラティリティ・インデックスのことです。VIX指数は、市場のボラティリティに対する期待値を定量化した最初のベンチマークです。しかし、この指数はフォワード・ルッキングであり、次の30日間のS&P500 (米国500)のインプライド・ボラティリティ(原資産価格の将来のボラティリティを予測したもの)のみを示しています。

VIX指数は、S&P500オプション(SPX)の価格をベースに計算され、パーセンテージ(%)で表されます。VIX指数の値が上昇している場合はS&P 500が下落すると予測している投資家が多く、VIX指数の値が下落している場合はS&P 500は安定すると予測している投資家が多いことを示しています。

VIX 指数は S&P 500 のボラティリティのみを測定していますが、一般的に米国の株式市場全体のボラティリティを測る指数であると考えられています。市場に何か懸念材料があると、トレーダーや投資家はオプションを買い始める傾向があり、それによって価格が上昇することがあります。そのため、オプションの価格はボラティリティの良い指標であると考えられているのです。このためVIX指数は、市場の恐怖や、ストレスの程度を測定する「恐怖指数」とも呼ばれています。

VIX指数はサポートラインとレジスタンスラインの履歴分析と併用するのがよいでしょう。

VIX指数に投資する理由とは?

VIX指数に投資する理由やメリットとは何でしょうか?

VIX指数に連動する商品は株式市場と強い負の相関関係を持っているため、トレーダーや投資家の間では、純粋な投機の対象としてだけでなく、分散やヘッジの面でも人気のある指数となっています。

VIX指数のポジションを取ることでポートフォリオのバランスを取り、市場へのエクスポージャーをヘッジすることができます。

例えば、S&P500の構成銘柄である株式を買いポジション(ロングポジション)で保有しているとします。あなたは、長期的にみて収益を得ることができると考えています。その一方で、短期的なボラティリティへのエクスポージャーを減らしたいと考えています。そこで、ボラティリティが上昇すると予想して、VIX指数を買うためにポジションを建てることにします。そうすることで、保有しているポジションのバランスを取ることができるかもしれません。

もし予測通りにいかずボラティリティが低下する場合は、VIX指数のポジションの損失を株式の上昇によって相殺させることができる可能性があります。

VIX指数の取引方法

  1. VIX指数がどのように動くのか理解する
  2. VIX指数のCFD取引について理解する
  3. 買いから入るか、売りから入るかを決める
  4. 取引をするための口座を開設する、またはデモ口座で使い方の練習をする

VIX指数がどのように動くのか理解する

VIX指数は株式市場(原市場)そのものではなく、S&P 500オプションの価格をベースに計算された指数です。S&P 500オプションとは何か、VIX指数はどのように計算され、その価値は何を意味するのかを学びましょう。

S&P500とVIX指数

VIX指数は、米国500銘柄の時価総額加重指数であるS&P 500(スタンダード&プアーズ500)のオプション価格をベースとしています。言い換えれば、この指数はS&P 500から価格を取得するオプション契約です。VIX指数の取引においては、トレーダーはS&P 500を設定された価格で、設定された有効期限までに取引する権利を得ることができますが、必ず取引しなければならないということではありません。

プットオプションによりS&P500を決まった値で売ることができる一方、コールオプションではS&P500を決まった値で買うことができます。

VIX指数の算出方法とは?

VIXは、S&P 500オプションの現在の価格を使用して、リアルタイムで計算されます。これには、毎月第3金曜日に期限が切れる標準的なCBOE SPXオプション、毎週金曜日に期限が切れるCBOE SPXオプション(週ごと)が含まれています。このオプションがVIX指数としてみなされるためには、有効期限は23~37日の間に設定されている必要があります。

VIXの算出方法は非常に複雑なので、すべてのトレーダーが理解しなければならないというものではありません。しかし、計算の基本的な理論はおさえておいたほうが良いでしょう。
VIX指数は、複数の S&P 500 プットオプションとコールオプションの加重価格を広い範囲の権利行使価格で組み合わせて計算されます。オプション価格は投資家の心理を反映するため、トレーダーが どの水準でS&P500を売買したいと考えているのか?を知ることができます。VIX指数の値は、S&P 500 のボラティリティを推定する指標となります。

VIX指数に含まれるオプションはアット・ザ・マネーとなり、市場参加者の心理を表します。

VIX指数の値とは?

ボラティリティとは資産そのものの価格ではなく、資産の価格の動きを測定する手段です。つまり、ボラティリティを取引する際には市場の変化の方向ではなく、市場がどれだけの頻度で動いたかに注目することになります。これが、VIX指数の値がパーセンテージ(%)で表示されている理由です。

過去数年間、VIX指数は20以下で取引されていましたが、これは市場が安定していたことを示しています。一方、リスクイベントが意識される局面では、VIX指数が30以上の水準まで上昇しました。この動向は市場が大きく動いていることを示します。

VIX指数は、S&P500(SPX)のトップとボトムを予測するために用いられることがあります。VIX指数が極端な高値に達するとS&P500が反発するシグナルとなります。逆に極端な安値に達するとS&P500が反落するシグナルとなります。また、VIX指数が高値になったらS&P500は買い時だという人もいます。よって、VIX指数が低いときにはS&P500の下落を意識すると良いでしょう。

他の指数と同様、VIX指数の取引には購入または売却する現物の資産がないため、直接資産を取引することはできません。その代わりに、VIX指数の価格を追跡するように設計されたデリバティブ商品を使用して、VIX指数を取引することができます。

IG証券では、CFD取引でVIX指数を売買することができます。VIX先物や上場投資信託(ETF)も利用可能です。

VIX指数のCFD取引について理解する

VIX指数をCFDで取引するには

CFDでVIX指数を取引する場合、取引プラットフォームの株価指数セクションから「ボラティリティー指数」を選択してください。その後は、売買や取引ロット数などを決めて注文を出すだけです。例えばVIX指数の買いポジションを保有したあとに予想どおり上昇すれば、今度は希望の水準でVIX指数を売り利益を確定します。一方、売りポジションを保有したあとに予想どおりVIX指数が下落する場合、希望の水準でVIX指数を買い戻せば利益を得ることができます。

買いから入るか、売りから入るかを決める

VIX指数でポジションを建てる際には、ロング(買い)とショート(売り)の2つの選択肢があります。トレーダーは、S&P500の価格が上昇するか、それとも下落するかどうかではなくて、価格が動くことそのものに注目をしていることを理解しておきましょう。

ロング(買い)からVIX指数取引を始める

どのようなポジションを取るかは、トレーダーの予想によって決まります。ボラティリティの拡大を予想する場合は、VIX指数のロングポジションを建てます。これは、S&P500の変動幅が拡大することを予想した取引です。

例えば、政治的なリスクイベントが発生した後、S&P500が大幅かつ急速に下落すると予想する場合は、VIX指数の買い(ロング)を仕掛けます。

トレーダーの予想通りにVIX指数が上昇する場合、あとは希望の価格でロングポジションを清算すれば(売れば)、利益を確定することができます。

一方、トレーダーの予想とは逆にVIXが下落する場合は、含み損が発生します。買った時の水準よりも低い水準でロングポジションを清算する場合には、損失が発生するので注意が必要です。

ショート(売り)からVIX指数の取引を始める

VIX指数のショートポジションを建てる場合、基本的にはS&P500(原市場)の価値が上昇することを予想する取引となります。金利市場が安定的に推移しており経済が順調に拡大し、金融市場全体のボラティリティが低い場合、多くのトレーダーはVIX指数のショートポジションを建てる傾向があります。

ボラティリティの低さと高い経済成長が意識され、S&P500が順調に上昇していたとしましょう。株式市場が上昇を続け、ボラティリティが低いままであることを予想して、あるトレーダーはVIX指数の売り取引ショート)を仕掛けました。

ショートポジションを保有したあとにS&P500が上昇する場合、VIX指数は低下します。よって、このトレーダーは売った時よりも低い水準でVIX指数を清算すれば利益を得ることができます。

一方、ショートポジションを保有したあとにVIX指数が急上昇する場合、損失を限定する逆指値注文(ストップ注文)を設定していない限り、損失が拡大します。このためVIX指数を取引するときは、リスク管理をしっかりと行う必要があります。

取引をするための口座を開設する、またはデモ口座で使い方の練習をする

IG証券の口座は、ネットで簡単にお申し込みいただけます。口座開設が完了したら、VIX指数だけでなく株式やFX、金・原油などの商品(コモディティ)なども同じアカウントで取引することができます。

オンラインでフォームに必要事項を入力

ご自身の投資経験などについて簡単におうかがいします。

オンラインですぐに本人確認

スマートフォンでeKYC(オンライン本人確認)をお使いいただくと、本人確認がすぐに完了します。

口座に入金して、取引を始めましょう

お好きな時に資金の出入金が可能です。

「いきなり取引を始めるのが不安」という方は、IG証券の無料デモ口座で練習してみることをおすすめします。仮想資金6000万円分がデモ口座に入っており、本番さながらの環境で取引プラットフォームを使って、取引練習をすることができます。デモ口座はオンラインですぐ登録が可能です。

よくある質問

VIXはVolatility Index(ボラティリティ・インデックス)の略で、ボラティリティ指数のことを指します。S&P 500オプションの価格に基づいて、S&P 500 のインプライド・ボラティリティを測定したものです。これは、シカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)によって計算され、公表されています。S&P 500 は米国の株式市場の健全性のバロメーターであると広く考えられているため、VIX指数は米国の株価指数全体のインプライド・ボラティリティを測定するものと考えられています。

VIX指数が低いときは、市場の恐怖心が少なく、安定性が高く、長期的な成長があることを意味します。VIX指数は通常S&P 500と負の相関関係にあるため、VIX指数が低い場合、S&P 500は通常上昇することが多くあります。

VIX指数が上昇しているということは、S&P500の価格が急速に変動していることを意味します。VIX指数は、S&P 500と負の相関関係にあるため、市場がストレスを感じている時期には通常は上昇します。

IGアカデミーで投資・金融知識を学ぼう!

無料で使えるIG証券のオンラインコース「IGアカデミー」で、基礎から上級まで役立つ知識を手に入れましょう。

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券では、70銘柄以上の主要な米国株式の取引時間を延長。通常の取引時間以外にも取引することができます。

株価指数とは何か。株価指数の仕組みや主要な銘柄について解説しています。

IG証券で取り扱っている株価指数銘柄のチャート、銘柄情報はこちらです。