村田製作所など電子部品株が上昇、ファーウェイCFO保釈決定で

  • 有沢製作所、TDKなど高い
  • ファーウェイの昨年の日本での調達額約4900億円
bg_japan_stocks_1389392

12日後場の東京株式市場で村田製作所など電子部品関連株が高い。ファーウェイ(華為技術)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)をカナダ当局が米国の要請に応じて逮捕した事件で、カナダ・バンクーバーの裁判所が11日、孟氏の保釈を認める決定を下したことを受けて買い戻される展開となった。

午後1時48分現在、村田製作所は前日比635円(4.01%)高の1万6480円、有沢製作所は17円(2.18%)高の796円、TDKは前日比200円(2.58%)高の7940円。

ファーウェイは日本企業から大量に部品を調達している。コンシューマー向け端末事業グループを率いる余承東氏は2016年に国内メディアに対し、同社のハイエンド・スマートフォンの部品のうち50~60%が日本企業から調達したものだと述べている。

昨年の日本での調達額は43億6000万ドル(約4900億円)とみられており、さらなる増加が見込まれていた。

ファーウェイは世界シェアで首位サムスン電子との差を縮めており、ガートナーが今月発表した18年7~9月期における世界スマホ市場のベンダー別販売台数では2位につけている。シェアは13.4%で、サムスンの18.9%に次ぐ。前年同期のシェアはサムスンが22.3%、ファーウェイが9.5%だった。

裁判所、米国への身柄引き渡しを判断へ

孟氏は保釈の条件として、1000万カナダドル(約8億5000万円)の保釈金を支払う。バンクーバーの自宅で暮らせるが、追跡装置を身につける必要がある。また、数通所有しているとされるパスポートは押収され、夜間外出を禁じられるという。

米国は8月に詐欺容疑で孟氏の逮捕状を発行した。ファーウェイは香港の関連会社、スカイコムを通じてイランと取引をしていたが、ファーウェイとスカイコムは無関係であると複数の米金融機関に対し、孟氏がウソをついたとしている。

今後の焦点は米国に身柄を引き渡すかに移る。米国の正式な要請に基づいて身柄引き渡しの是非を別途判断する、と裁判所は表明。来年2月に次回の審理を開く予定。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。