40年以上の歴史
世界約185,000名の顧客
15,000以上のCFD銘柄を提供

外国為替

取引場所

外国為替市場は店頭取引市場です。つまり、通貨の両替は取引所というよりも二者間で直接行うことを意味します。

外国為替市場は、世界中の銀行ネットワークを介して電子取引されます。取引の中心に位置付けられる場所は存在せず、任意の外国為替ブローカーを介してどこからでも取引を行うことが可能です。

IG証券でも外国為替の証拠金取引(FX)を扱っています。当社では、すべてのFX取引が無料なので、お客様のコストは売買スプレッドのみです。4%から、拘束することなく、その商品のエクスポージャーを得ることができます。

IG証券のFX/CFD取引に関する詳細は、CFD取引モジュールをご覧ください。

取引時間

通貨売買は、週の大半連続して取引することができます。正確な時間は取引場所により異なります。例えば、英国の場合、日曜日の夜から金曜日の夜まで取引可能です(正確な時間はその年の時刻変更によります)。

一日の取引はニュージーランドとオーストラリアで始まり、その後、日本からヨーロッパ、そしてアメリカへと世界中を移動していきます。アメリカで夜終了した取引がその後ニュージーランドへと再び引き継がれます。

他のマーケットと異なり、外国為替市場は週末を除き、1日24時間取引が行われています。

レバレッジ

レバレッジは、少額の資金を投じるだけで大きな取引を行えるようにすることです。

お客様はポジションの総取引額を支払う代わりに、ブローカーに全体取引の一部である預け金を渡します。例えば、お客様のブローカーは25:1の証拠金(レバレッジ25倍)で取引を行うことができるとします。これは、1000英ポンドの金額を支払うと、25,000英ポンドの投資と同じエクスポージャーを得ることを意味します。

通貨は、普段の取引日はごくわずかな比率で頻繁に変動します。そのため、ニュースになる大きな出来事がないときは、FXのレバレッジは取引の中で最も高いレートの一つになります。これにより、投資家はマーケット変動がほんのわずかでも大きな利益や損失を得ることができます。

大切なのは、レバレッジにより損失が初回証拠金を上回るリスクがあることを忘れないことです。安全に取引を行う方法については、リスクマネージメントの項をご覧ください。

トムネ

取引最終日を超えてもFXのオープンポジションを保有している場合、トムネ(トゥモロー・ネクスト)と呼ばれるオーバーナイト調整が適用されます。

トムネは、主に投資目的のFXデリバティブ取引に関連し、取引通貨の物理的受渡しの回避を目的とします。受渡し期日は通常、取引成立から2日後です。従って、日をまたいでポジションを保有したい場合、トムネの市場原理によって受渡しを先延ばしします。

実際には、プロバイダーが処理中のポジションにトムネ調整を適用して、先の取引を翌日開始の取引とスワップ(反対売買)します。

トムネレートは、先のポジションの終値水準に基づいて、金利を加減して算出されます。二つの通貨の金利差により、金利の受取りまたは支払いが決定します。つまり、高金利の通貨を購入する場合は利払いを受け取り、反対に低金利の通貨を購入する場合は利子の支払いが必要になります。これをキャリーコストと呼びます。