株式

株式とは

株は投資家に販売できる企業所有権の単位です。

企業の総合価値は各単位に平等に分配されます。この単位を株と呼びます。つまり、2億米ドルの価値がある企業が1億株発行した場合、各株は2米ドルの価値を持つということになります。

企業価値が変動すると、株価も変動します。そのため、企業株を購入する投資家は、株がさらに高値で売れるよう、企業価値が上がることを期待します。

CFD取引はこれらの変動に対して投資します。

 

株は株式とも呼ばれます。株式は資産あるいは証券の一種です。

企業が株式を発行する理由

企業経営者は、株式市場で企業を「市場に売り出す」ことで、資本を調達して企業に還元できます。投資家は株を購入することで、その企業のビジネスの一部を所有します。

株式発行で得た資金は企業の拡大や改善に幅広く使用され、株価の上昇にもつながります。そのため、企業と投資家は互いに強く依存しています。

さらに、新株の発行は、特にゼロから起業する事業主にとって利益を得る方法のひとつになります。代わりに、株主に対して報告義務が発生するため、独断で経営を行えなえない体制となります。

 

企業経営者は株式で資金を調達して事業に還元します。