CFDとは?

ただし、CFDはレバレッジ取引ですので、証拠金金額を超える損失が発生する可能性があることにご注意ください。

CFDの概要

CFDはデリバティブの一種で、ポジションを保有してから決済するまでの間の価値の変化(差額)を取引する契約です。下記は通常の株式取引(現物株)と株式CFD取引の比較です。

CFDの取引価格は、原資産の価格と常に連動しています。例えばアップル株の取引を想定しましょう。右図のとおり、同社の原資産である株価が上昇すれば、CFDの価格も上昇します。逆に原資産である株価が下落する場合、CFDの株価も下落します。
しかし現物株の取引とCFDの取引には、2つの大きな違いがあります。まずCFDでは、売りポジションもしくは買いポジションを自在に保有することができます。そしてCFDはレバレッジ取引となります。

買い取引 vs 売り取引

アップル株の上昇を想定する場合、CFD取引ではアップル株の「買いポジション」を保有します。逆に同社の株が下落すると想定する場合は「売りポジション」を保有します。
損益は保有時の価格と清算時の価格で決定されます。
上図のように「買いポジション」を保有した場合、保有時の価格より清算時の価格が上昇していれば利益が発生します。逆に保有時の価格より清算時の価格が下落していれば損失が発生します。「売りポジション」の場合は、 左図のように保有時の価格より清算時の価格が上昇していれば損失が発生します。逆に保有時の価格より清算時の価格が下落していれば利益が発生します。

レバレッジ取引

CFDのもう一つの特長が同じ資金で通常の取引よりも大きなポジションを保有できることです。レバレッジ取引であるCFDでは新規ポジションを保有する際にそのポジションの価値の全額を支払うことはありません。また、決済は変動した価格の差額分のみとなります。

例えば、500株に相当するアップル株を購入するとした場合、通常の現物株取引では500株すべてをその時点の株価で購入する必要があります。一方、CFD取引ではその5分の1の維持証拠金で500株分のポジションを保有することができます。そして、通常取引と同サイズのポジションを保有できるため、そこから得られる損益も通常取引と同じフルサイズをベースに計算されます。つまり、利益は何倍にも大きくなる一方、損失も同様に膨らみ、証拠金以上に拡大する場合もあります。

CFD取引の優位性

CFD取引には、レバレッジや「売りポジション」から取引をスタートできるという特長に加え、以下のような優位点もあります。

  • 多様な資産クラスをカバーする10,000種類以上の銘柄を取引できます。通貨、世界の株価指数、国内外の個別株、金や原油、小麦などの商品(コモディティ)、債券先物まで幅広い銘柄を提供しています。
  • 一つの口座から全ての資産クラスを取引できます。証券会社やFX会社に別々に口座を開設する必要はありません。CFDなら多様な資産クラスをひとつの取引システムでトレード可能です。
  • 原市場がクローズしている時間帯でも取引できます。CFDはほとんどの銘柄が24時間取引できるため、夜間にポジションを清算することもできます。

ヘッジ

CFDを取引するメリットのひとつに他の保有ポジションに対するヘッジ手段として利用できるという点があります。もし、ポートフォリオに組み入れている銘柄で価値の低下が懸念されるものがあれば、CFDの売りポジションを保有することでその潜在的な損失を相殺することができます。例えば、仮に100万円相当のトヨタ株を保有している場合、CFDでトヨタ株100万円相当の売りポジションを保有しておけば、現物のトヨタ株が下落した時にその損失を株式CFDの売りポジションを清算することで相殺することができます。

CFD取引のコンセプト

ここまではCFD取引の概要について説明してきました。詳細は「CFD取引のコンセプト」をご覧ください。

ネットで簡単に申し込みできます!

IG証券の口座開設は、4ステップで完了する簡単なお手続きです。
まずは、お手元に運転免許証などの本人確認書類をご用意ください。

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com